アルバイト募集について

 

働き方の多様化を推進するに伴って、いわゆる
「アルバイト採用」にも積極的に取組んでいくことにしました。

従来より、私たちの会社に所属するバーテンダーは、
複数の契約形態があり、副業も自由化されていますが、
「本業」としてのバーテンダーであることが前提になっています。

バーテンダーという職業特性においても、
「BARオーナーを100人輩出する」というミッションのためにも、
本業としての取組みが必須であり、パートタイム勤務は、
入社時の状況により将来的な社員移行を前提したトライアルであったり、
一部業態で運営上の必要に置いて若干名のみの募集としていました。

 

私は、最重要業務として「採用」は全て自分で担当しています。

会社や私に興味をもって、問い合わせや面談に来てくれる方たちの中から、
よく「過去にアルバイトでバーテンダーに近い仕事をしていたことで、
さらに先を目指したくなった」という話を聞きます。

当たり前の話かもしれませんが、これは本当に多い。

自身も振り返ってみれば、10代の頃からダイニングやパブ、
クラブ業態等で、準ずる業務のアルバイトを重ねていたことが
きっかけであって、いきなり思いついて
高い志ではじめたわけではなかった。

最初はね、正直やっぱり、かっこいいとか、
なんとなくっていうくらいの気持ちで入りました。

それくらいの意識の位置だから、当然アルバイトとしてのスタート。

そして、あの頃の自分を、採用してくれた職場があったから、
今の自分があるわけです。

であれば、私たちの入口も、もう一歩前に置いみてよう。

どこかで、最初からの「本気」を求め過ぎていたようにも。

もちろん、それを持ってドアを叩いてくれる方は、
より大歓迎なんだけれど、私は常に「きっかけ」を創る
存在でありたいとも考えています。

それは、BARを初めて訪れるお客様にも、
バーテンダーをはじめる人にも同じ「きっかけ」ということ。

バーテンダーを目指す人だけではなく、目指すかもしれない人にも
リーチを伸ばすことで、母数を上げていく。

母数が増えれば、当然、BARオーナーを100人輩出する
というミッションの達成も近づく。

幸い、私達のプラットフォームには、
BARとして括る中に多様な業態があるから、
様々なアルバイトのニーズにも応えることができます。

一例ですが、単独事業部化した Canned Crab Bar では、
学生アルバイトの採用も取組みはじめました。

雇用を増やすことが経営者の命題というあれでもないですが、
アルバイトを含めて、多くの採用をすることで、また、
ひとりでも多くのお客様に足を運んでいただくことで、
良き縁やセレンディピティが増えるとか。

ふと、これまたBARらしい話だなぁとも思いました。

 

★ アルバイト募集要項

【時給】店舗によって異なる、( )内は22時以降。

・Canned Crab Bar/代々木上原:¥1,500(¥1,875)

・VinSanto/恵比寿:¥1,200(¥1,500)

・目黒リパブリック:¥1,200(¥1,500)

・KoH/立川:¥1,200(¥1,500)

・その他店舗[応相談]:¥1,000~(¥1,250~)

【勤務】週2日~・1日4h~で応相談

【資格】20歳以上・未経験歓迎・短期勤務不可

 

Nobuhide Kobayashi

 

Related articles

Back to Top