ウイスキーとシガーの関係 / Vision

 

シガーとウイスキーの相性は非常に良いとよく言われます。

シガーは1492年のコロンブスがキューバについたときに
初めてヨーロッパの人に発見され、その後持ち帰られ、
スペインを中心に発展、その後フランスを経由してイギリス、
ドイツ、ロシアなどに広まったと言われています。

シガーは高級品のため、シガリロやパイプ、紙巻きたばこ、
噛みタバコなど様々に形を変えて広まっていきます。

それも全て、「ニコチンを摂取してリラックス状態になる」
ということを目的にしています。

18世紀〜19世紀にかけて、世界の覇権を握ったイギリスには、
世界中の贅沢品が集まったと推測されます。

その中にも当然シガーがあります。

19世紀というと、1823年に酒税法改正、1824年にグレンリベットが
政府公認第一号蒸留所になり、その後フィロキセラにより
ワインやブランデーの入手が困難になったことから
スコッチウイスキーの需要が急増。

ブレンデッドウイスキーの登場等によって
スコットランドの地酒から一気に世界のお酒になります。

贅沢品に贅沢品をあわせるという贅沢。

シガーに合う飲み物として、ワイン、シャンパン、ブランデー、
ウイスキー、ラム、テキーラなどがあります。

スコッチウイスキーが世界に登場するまで、ワイン、シャンパン、
ブランデーが中心に合わせられていたのだと思いますが、
スコッチウイスキーの登場によりスコッチとの相性が良いと
言われるようになり、シガーを吸いながらスコッチを飲むというのは
一種のアイコンのように扱われるようになってきています。

暗がりの中、シガーとウイスキーをゆっくりと嗜む贅沢、
当店でぜひお楽しみください。

 

Whisky house Vision

Tel:0422-20-2023

〒180-0004 武蔵野市吉祥寺本町1−11−8−BF

JR中央・総武線 京王井の頭線 吉祥寺駅より徒歩5分

HP

Facebook

 

Wataru Kobayashi

 

Related articles

Back to Top