キルホーマン。 / Vision

先日、ボトル棚の並べ替えをしました。

以前より見やすくなったと思います!

そして、なにより、ボトルを探しやすい!

皆さん、ボトル棚眺めに来てください。

 

さて、今日はこちらの蒸留所をご紹介。

 

 

Kilchoman キルホーマン

アイラ島で一番新しい蒸留所。

2001年設立。2005年6月公式オープン。

2005年12月に初のスピリッツが流れました。

2006年2月に火災が発生してキルン塔の一部が焼失。

現在は復旧し、自家製麦芽の製造も行われています。

 

写真は、クォーターカスクで熟成されたキルホーマン。

フェノール値は50ppm。

小さめの樽で熟成する事で、樽とウイスキーが
触れてる面積が多くなり、熟成が早くすすみます。

樽感しっかり。

 

そして、リキュールのキルホーマン ブランブル。

キルホーマンのニュースピリッツにブラックベリーを漬け込んであります。

ロックでも、カクテルにしても楽しめますよ!

吉祥寺Visionでお待ちしております。

 

Yuka Koyama

 

Related articles

Back to Top