グレンタレット。 / Vision

気付けば7月。

今年は夏っぽい事たくさんしたいと思ってます。

ビアガーデンとかビアガーデンとかビアガーデンとか。。。

モルトバーに居ながら、休みの日はビールを飲む事が多いです、小山です。

今日はこちらの蒸留所をご紹介。

 

 

GLENTURRET グレンタレット

創業は1775年。

現存する蒸留所の中では、最も古い蒸留所です。

昔は村の名前の”ホッシュ”といっていましたが、
19世紀後半にグレンタレットに改名されました。

ゲール語で”タレット川の谷”

1923年から59年まで閉鎖されていましたが、その後、
熱狂的なウイスキー愛好家であるジェームズフェアリーが買収し、復活。

 

この時にビジターセンターを設けました。

現在は年間15万人もの観光客が訪れるそうです。

そして、ギネスにも載っているグレンタレットの有名人(?)
雌猫の”タウザー”。

23年11ヵ月の生涯に2万8899匹のネズミを捕まえたことで、
ギネスブックに載っています。

ちなみに、タウザーはネズミを捕まえると、
蒸留所の人の所までネズミを持っていったそう。

蒸留所の人が数えていたみたいです。

私はネズミあまり見たくないな。。。

フェイマスグラウスの原酒にもなっている、グレンタレット。

優しい味わいで1杯めにおすすめです!

是非、お試しください(`・ ω・´)ゞ

 

Yuka Koyama

 

Related articles

Back to Top