コーチングサポートについて

 

弊社では、店舗展開をする外食企業にある、
エリアマネージャーのような役職がありません。

店舗運営の最高責任者は常にマネージャー(以下、MGR)であり、
運営経験を積み、結果を出した先は、
独立開業に繋げていくという考え方に基づいています。

マネージャーの上位職がないために、店舗運営に関して、
経験者からもらうべきアドバイスや相談は、代表の小林が担当していますが、
実務面とは違った観点からのサポートとして、希望者は定期的に、
専門家のコーチングセッションを受けることができます。

もちろん義務ではないので、セッションに参加するかどうかは、
本人の意志に任せています。

 

MGRは経営者に順ずる位置にあるとの考えから、
通常は、経営者やそれに準ずる人を対象にしている
エグゼクティブコーチと顧問契約を結んでいます。

一定以上の経験とノウハウを持ちうるコーチが、
自己実現や目標達成をサポートしてくれるプログラムです。

バーテンダーからMGRにステップを上げることで、担当業務が多様化、
管理職としての職責も果たしながら、自身を先に繋いでいくために、
専門家の観察や分析を通じて、自らに適切な課題を与え続ける。

バーテンダーとしてだけではない自己投資、
スキルアップをしたいと考えているMGRを積極的に支援する、
私たちの用意するプラットフォームには、
そんなコーチングプログラムがあります。

 

Nobuhide Kobayashi

 

Related articles

Back to Top