シガーの湿度の話 / Vision

 

梅雨になり、シガーの湿度管理が気になる季節。

ということで、今日はそんな話をしてみたいと思います。

 

シガーはヒュミドールと言われる専用の箱で保存されます。

大きいお店はウォークインヒュミドールと言われるような
中に人が入って選ぶ保管庫があったり、
加湿機能付きのワインセラーに入れたりする場合もありますが、
当店は普通にヒュミドールです。

シガーは気温18℃、湿度70%が適正と言われていて、
季節による気温の変化によって、
加湿具合を実際に手で触って確認しながら調整します。

 

さて、実は当店のヒュミドールは「ラベルを上に」とか、
「短いものから右から順番」とかという形で並べていないです。

これには私なりの理由があります。

当店のヒュミドールは、加湿用のスポンジが
ヒュミドールの下の段に入れてあります。

そのため、シガーはそれなりの太さがあるため、
シガーの下側半分だけ激しく加湿され、
上半分は乾燥状態にあるというシガーが発生してしまいます。

 

また、ヒュミドールの右と中央と左でも加湿度合いが変わります。

やはり真ん中のほうが加湿が早く進み、隅の方は遅く進みます。

もちろん、そのまま放置してしばらく密閉状態におけ
ば均一になるのですが、それには時間がかかります。

そのため、当店では、シガーを定期的に撹拌、ローテーションしています。

ヒュミドールを覗き込んだときにラベルが
きれいに見えるのもいいのですが、それよりも均一に湿度が入り、
熟成がよく進むようにと考えた結果です。

意味合いが違いますが、フロアモルティングで
常に麦芽を撹拌させることにより、発芽を均一にしたり
熱をこもらせないようにするというのと同じ考えですね。

 

Whisky house Vision
(The Scotch Malt Whisky Official Partner Bar)

Tel:0422-20-2023

〒180-0004 武蔵野市吉祥寺本町1−11−8−BF

JR中央・総武線 京王井の頭線 吉祥寺駅より徒歩5分

HP

Facebook

 

Wataru Kobayashi

 

Related articles

Back to Top