原料。 / Vision

ウイスキーの試験に向けて、
本格的にお勉強を始めました。小山です。

改めて勉強すると、抜けてたところや
見落としてたところが至る所にΣ(゚д゚;)

プロフェッショナルの道のりは長い。。。

 

さて、今回はモルトウイスキーの原料の大麦麦芽について。

 

 

一般的にモルトウイスキーの製造に用いられるのは二条大麦。

二条大麦は粒が大きく、お酒作りに重要な
デンプンを豊富に含んでいます。

なぜデンプンがお酒作りに重要かというと。。。

デンプンが糖になり、糖を酵母が食べてアルコールを生成します。

デンプンはアルコールを生成するために重要な役割をになっています。

写真の上段が二条大麦ですが、穂軸に対して
横並びに粒がついているため、扁平に見えますね。

六条大麦という種類もありますが、
こちらはバーボンやグレーンウイスキーなど、
大麦以外の穀物をメイン原料とする際に用いられます。

粒は二条大麦に比べて小さいですが、酵素力が大きいのが特徴です。

しかし、六条大麦は製麦がうまくいかなかったり、
糖化が均一に行われない可能性があるといったデメリットもあります。

お酒作り以外にも、麦飯などの食用や麦茶などにも使われています。

写真上段の二条大麦を発芽させ大麦麦芽にします。

大麦麦芽とは、大麦を発芽させたもの。

発芽させることにより、アルコールに変換させる際に必要な
糖化酵素を粒中に活性化したものを指します。

写真の下段が発芽した二条大麦です。

 

さて、長々書きましたが、まだまだ覚えることがたくさんあります。

もっと勉強頑張りたいとおもいます。

 

Whisky house Vision

Tel:0422-20-2023

〒180-0004 武蔵野市吉祥寺本町1−11−8−BF

JR中央・総武線 京王井の頭線 吉祥寺駅より徒歩5分

HP

Facebook

 

Yuka Koyama

 

Related articles

Back to Top