御神酒は神社。ビールは修道院-ウェストマール- / Fairground

こんにちは、元日から1日明けまして、
新年飲み始めは日本酒でした。青山です。

埼玉が誇る新進気鋭の地酒、花陽浴(はなあび)を神社で頂きました。

宗教にはお酒が付きものですが、日本酒も例に漏れず
神道の祭礼で御神酒として使用されてきました。

キリスト教ならワインとビール。

今回は修道院で作られるトラピストビールのご紹介を。

 

 

westmalle-Tripel-

1836年にウェストマール修道院の修道僧達が
自分達が飲む用に作り始めました。

その後1870年代にはウェストマール村での販売が始まりました。

本格的な販売が始まるのはもっと後の話。

現在はベルギーの聖心ノートルダム修道院で醸造されています。

度数は9.5%とパワフル。

香りはバナナのような甘い香り。

ですが味わいはドライで飲み飽きさせないスタイルです。

神社では日本酒を。

バーではトラピストビールを。

 

Whisky & Cigar bar Fairground

小田急電鉄・京王電鉄 下北沢駅南口より徒歩3分。

〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-3-12 友和ビル BIF
Tel:03-3411-2739

築地すし好の地下一階。

 

Kenta Aoyama

 

Related articles

Back to Top