明日への活力-Corpse Reviver-コープスリバイバー / Fairground

こんにちは、YouTubeのパスタキングヤマダさんの
パスタ作り動画がとても勉強になります。

ということで今日の賄いはペペロンチーノ、青山です。

今回も前振りと全く関係ないカクテルのご紹介です。

 

 

コープスリバイバー。

直訳すると死者蘇生。

武藤遊戯のマジックカードが発動しそうなネーミングのカクテル。

1920年代にフランスで誕生したカクテルなのですが、
珍しい事にレシピが4つもあるカクテルなのです。

しかも、その4つのレシピの内容がそれぞれ全く違うという。

No.1はパリにあるリッツバーのバーテンダーにより考案されました。

そのためかレシピも、ブランデー、
カルヴァドス(アップルブランデー)、
スイートベルモットのフランスを代表するお酒ばかりの内容。

No.2とNo.3はロンドンのサボイホテルのバーテンダーが考案。

ロンドンだからなのかNo.2に関してはジンベース。

ジン、コアントロー、リレ(ワインベースのハーブリキュール)、
アブサン、レモンジュースという組合せ。

当時からロンドンでも人気だった、
ジンとアブサンを加えているのが時代を感じます。

写真はNo.2を作らせていただきました。

No.3はブランデーベースですが、そこに世界一苦い
リキュールであるフェルネットブランカと
ミントリキュールを加えたレシピ。

こちらが一番死者蘇生出来そうなレシピですね。

No.4はブランデーベースに、レモンジュース、オレンジジュース、
グレナデンシロップ、シャンパンという、
アルコール度数はありながらもかなり飲みやすくした印象です。

その口当りからか一番影の薄いコープスリバイバーのように感じます。

ちょっと今日は疲れたな、という時に明日への活力になるような、
力強くも飲み心地の良いカクテルとなっております。

 

Whisky & Cigar bar Fairground

小田急電鉄・京王電鉄 下北沢駅南口より徒歩5分。

〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-3-12 友和ビル BIF
Tel:03-3411-2739

築地すし好の地下一階。

 

Kenta Aoyama

 

Related articles

Back to Top