社会活動への取組みについて

 

タイトルほどに大仰なことをしているわけでも、
頻繁にしているわけでもありませんが。
この先も積極的に携わっていけるよう、棚卸の意も含めて、
これまでの活動をいくつか振り返ってみます。

 

熊本震災から早1年。

人命をも脅かす災害の後は、私たちの仕事が、
生きていくためのインフラではないことを痛感しますが、
復興のフェーズでは、BARに人が集まり、互いに確認し、
語り励ます場を提供することに、少なからず意義があると考え、
被災地の同業者を支援する活動を行っています。

東日本震災では、東北のBARが1日も早く営業再開できるよう、
知人友人のバーテンダーや取引先各位と協力して、
震災でボトルが割れて、空いてしまったバックバーに並べる
ボトルを贈る活動を主催しました。

熊本震災では、弊社スーパーバイザーでもある、
シンガポール D.Bespoke 金高大輝氏の
チャリティ活動の事務局を立ち上げました。

全国のBARでイベントを開催、集まった支援金を基に、
現地に足を運んでくれるお客様が増えるよう、
多岐に渡る熊本のBARプロモーション活動を実施しました。

For Bartenders 熊本地震復興支援

 

また、定期的な取組としては「孤食を無くす」
BARゴハンプロジェクトを行っています。

いわゆるBARやPUBにあるハッピーアワーをアレンジして
「ひとりで食べるより、誰かと晩ゴハン」が増えるよう、
弊社管理店舗のいくつかで、毎日、
食事メニューの無料(一部店舗は¥100)提供をしています。

これは、商いとの境目が難しいところですが、
人と人が繋がる場を提供し続けることに社会活動的側面があり、
私たちの存在意義でもあると考えています。

BARゴハン

 

ちょっと変わったところでは、2015年、
Beers for Books という活動に参加。

コエドビールさんをパートナーに、ビールを1杯飲んだら
学習途上国の子どもたちに本を1冊贈るというシステムで、
ザンビアに1385冊の支援をしました。

いつも足を運んでくれているお客様と
一緒に活動できたことが印象深かったですね、

 

個人でしていることではないから、この先もバーテンダーらしい、
ウチらしい社会活動を、スタッフと一緒に積み重ねてきたいと考えています。

 

Nobuhide Kobayashi

 

Related articles

Back to Top