葉巻の保管について。 / Fairground

こんにちは、自宅の前に立派な雪だるまが作られていました。

青山です。

階段の目の前にあったので家に入りづらかったです。

 

 

最近、気温も低く乾燥しがちなので改めて
葉巻の適切な保管環境について、
自身の復習も兼ねて簡単にではありますが書いてみました。

ヒュミドールの中に管理してある場合は湿度が65~70%に保ち、
温度は18~20度が適切だと言われております。

ちょうど良い環境で保存されているシガーは触ったときに
適度な弾力があり、カットした時の断面もきれいになります。

乾燥しすぎていると表面が割れてしまったり、
カットする時に吸口がパサパサ、という風になってしまう事が多いです。

湿度を保つために専用の加湿器のようなものがありますが、
お花屋さんなどで使用しているオアシスも利用できます。
(緑色のスポンジのようなもの)

ですが、生産国やブランドによって理想的な湿度というのは
変わってくるようなので、常にベストな葉巻を
お客様にご提供していけるように更に勉強して行きます。

 

Whisky & Cigar bar Fairground

小田急電鉄・京王電鉄 下北沢駅南口より徒歩3分。  

〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-3-12 友和ビル BIF
Tel:03-3411-2739

築地すし好の地下一階。

 

Kenta Aoyama

 

Related articles

Back to Top