Sabato DiVino! 2009.5.9

毎週土曜恒例になって参りましたワインDAY=Sabato DiVino!


5月のテーマは『イタリア・ピエモンテ州ワインの飲み比べ』


本日は通常扱っていない商品の飲み比べです。



<バルベーラ・タルバ>

~モンビローネ×ペリーザ~


バルベーラ種とは、

イタリア・ピエモンテ州を代表する黒ブドウ品種。

この葡萄を使ったワインは、同じピエモンテ州のバローロやバルバレスコとよく比較されるそうです。

フルーティーなタンニンに包まれ、酸味の強い厚みのある赤ワインになるのが特徴。




そもそもモンキエロ・カルボーネとは、、、


創立者マルコ=モンキエロの父方の家系「モンキエロ」家と母方の家系「カルボーネ」家の名前から取っています。


guild bar olim 宇田川



「モンビローネ」はロエロの地域にある丘の名前で、母方のカルボーネ家が代々所有していました。


このバルベラダルバは、モンキエロ=カルボーネの創立よりはるか前の1960年から、

現オーナーのフランチェスコの曾祖母の手によって造り始められました。

モンビローネの畑は2.5Haあり、傍らにはSANTORIO DELLA MADONNA DI MONBIRONEという教会があります。

(現オーナーのフランチェスコは、今年この教会で結婚式を挙げました。)


guild bar olim 宇田川

ここのバルベーラは特別なクローンだとされており、 

近頃、DNA鑑定でも、このバルベーラはモンビローネの畑にしか存在しない事が証明されています。

標高300m、南向きに劇場型に作られた、砂に粘土が混ざった土壌は、一日中日当たりが良く、

葡萄にとって最高の環境です。

年間生産量は800010,000本。

まさに、究極のバルベラダルバです!


guild bar olim 宇田川

「ペリーザ」とは、このバルベーラ畑の管理人さん(アグロノモといいます)のアダ名から来た畑の名前。



良質のバルベーラを使いながら、ステンレスに加えバリック(木樽)で熟成しているため、味に厚みがあります。
それに加え、エレガントなフルーツ香と優しいタンニンに包まれています。

料理との相性も良く、コストパフォーマンスにも優れているため、地元レストランではかなり引っ張りダコだそうです。


guild bar olim 宇田川

モンキエロ・カルボーネ現オーナー、フランチェスコと、

olimオーナーズでイタリアワインと言えばこの方。伊東オーナーの2ショット。

夢の共演です。

赤ワイン好きの方にはたまらない組み合わせ!!

それでは今夜も渋谷区宇田川町でお待ちしております。


店主

Related articles

Back to Top