カタをつける“かたづけ士” vol.3

皆さんはご存じでしょうか?

日本で初めて、“かたづけ”の仕事に、

士業の『士』をつけた方のことを。

日本で一番、“かたづけ”のことを考えてきた方のことを。

宇田川ビジネスミーティングは、このゲストスピーカーから全てが始まりました。

3回目の登場になります。

guild bar olim 宇田川

かたづけ士 『小松易』

【22】 2/20 個人の部屋から企業ビルまで!これでスッキリ、かたづけミーティング.3
● ゲスト:小松易
スッキリラボ
代表

● ライター:4630

**************************************************************************

「かたづけは得意ですか??」

恒例となりました、この質問からのかたづけミーティング。

今回は初参加の方ばかり。果たして皆さん、かたづけは、得意ですか??

guild bar olim 宇田川

guild bar olim 宇田川

guild bar olim 宇田川

アンケートの結果、今回の参加者の方の、9割はかたづけが苦手。

いつものように、「かたづけ」に関して、3つのタイプに分類していきます。

『前』→かたづけの一歩目が踏み出せない人

『中』→かたづけはするものの、チラかる。かたづけ方に迷う人

『後』→かたづけはするが、元に戻る=リバウンドする人

9割苦手だと思っていた皆さんですが、タイプ分けしてみると、『後』の方が多い事が判明。

つまり、「かたづけ」自体は、皆さん意識してやっていらっしゃるとのこと。

ちなみに、『前』より以前の方=かたづけに興味のない人は、『前の前』。

逆にかたづけをしっかり継続出来る、『後』でリバウンドしない人は、『後の後』と、小松さんは呼んでいます。

『後』の方が、『後の後』になるために必要なこと。それは、、、

“かたづけ”を習慣化する!

guild bar olim 宇田川

guild bar olim 宇田川

小松さんは今回、飲食店でのセミナーならではの道具を使って、

「かたづけ」の得意不得意を説明して下さいました。

普段は絵に描いて説明するそうですが、飲食店にならある道具。それは、、

guild bar olim 宇田川

「ジョウゴ」というモノです。

液体を入れ物にうまく入れるために、

広い間口からピンポイントで入れる事に使ったりします。

ウチでも、ジンジャエール用の仕込みをするときに使います。

このジョウゴに例えて、かたづけが苦手な人は、

「間口が広くて出口が狭い」

何でもモノはどんどん増えるけど、いざかたづける時には、その増えたモノが出ていかない。

guild bar olim 宇田川

逆にかたづけが得意な人は、入口の段階で、モノの流入を防ぎ、モノの流出出口も広い。

人のうえに立つ、経営者の方などは、

自分だけではなく、会社、社員などの管理も行ううえで、

guild bar olim 宇田川

guild bar olim 宇田川

間口が広く、出口も広い意識で、かたづけと向き合う事が必要だと、小松さんは言います。

では、そもそも“かたづけ”とは??

guild bar olim 宇田川

毎回小松さんは、全員に名前で呼びかけながら、質問をします。

あたたかい雰囲気がいつも流れているのは、小松さんのお人柄ですね。

さて、“かたづけ”とは?

このブログを読んで下さっている方は、既に勉強済みですよね?

かたづけを言い換えると、『整理整頓』

この言葉を、「整理」と「整頓」に分ける。

『整理』→モノを減らす

『整頓』→モノを配置する

かたづけが苦手な人は、大体の人が、

『整頓整理』

と、逆になっている事が多いそうです。

思い当たりますか?

まずは『整理』。

そのために、かたづけを一日15分に細分化して整理を試みます。

ではここで、

小松易流“整理”の4ステップ!!

1.モノを外に出す

2.モノを分ける

3.モノを減らす

4.モノを元の位置に戻す

かたづけようと思った場所を、一箇所決めて、とにかくそこにあるモノを別の場所に出し、

何が必要で、何が不必要かを決断し、分別し、いらないモノは、捨てるか、リサイクルするか、人にあげたりして、

物量が減った後に、元の位置に戻す減量作戦。

ステップ4の段階で、ようやく“整頓”に至るわけですが、まず大事なのは、“整理”をする『決断力』。

そして、“整頓”に必要なのは、モノの配置による導線の確保や、使用頻度別に配置するなどの『知恵』。

これにより、かたづけをより効率的に行っていくのです。

整理整頓が出来るようになった後に大事なのは、それを『維持』する事。

そしてそれを、『習慣化』する事。

前回もお話しましたが、人は30歳になると、9割が習慣化されているそう。

つまり、生きている中で、意識して何かしているのは、1割しかないんですよね。

9割の習慣の中で、良い習慣もあれば、悪い習慣もある。

悪い習慣は直したい。その時に必要な意識は、、

『目的意識』と『仕組み』

「こうしたい!」という目的意識をしっかり持ち、

あるべき場所にモノがある仕組みを創る。

“橋”を造るとき、土台が2つなければ、橋は架けられない。

その2つ土台が、「目的意識」と「仕組み」であり、土台をしっかり造れたら、「良い習慣」を『維持』出来る。

元建設会社に勤めていた小松さんは、橋づくりに例えて、このお話をされました。

小松さん自身は、かたづけに困っている人を助ける“架け橋”

※うーん。うまく言えただろうか(笑)by4630

guild bar olim 宇田川

guild bar olim 宇田川

チラかる→探し物が多い→その時間、減らしたくない?→かたづけよう!

デスクの上と頭の中は、相関関係にあるそうです。

デスクの乱れは心の乱れ。

20~30人の会社において、何かを探している時間を時給換算すると、

月間50~60万円に相当するそうです。

その“探している時間”を削減出来れば、それだけの経費を削減出来るという事。

やっぱり、かたづけは重要ですね。。

『今すぐなんとかしたい!』

という方は、まずはこの本がオススメ!

guild bar olim 宇田川

5万部を超える大ヒット作品!!

是非書店で!!

guild bar olim 宇田川

guild bar olim 宇田川

かたづけ研究会の方も参加して頂いた今回のミーティング、交流会もいつも通り楽しげ。

人の繋がりの大切さをいつも感じさせてくれる時間です。

guild bar olim 宇田川

人生に、カタをつける“かたづけ士”

その想いは、確実に日本中に広がっています。

『バーカウンターがクセになってきました』

とおっしゃって下さる小松さん。

皆さんも、またの機会には、是非一度、bartender小松さんに、会いに来てみてはいかがでしょうか??

小松さん、

今回も非常にタメになるお話、有難うございました!

ご参加頂いた皆さん、

土曜の夜にお時間頂き、有難うございました!!

次回の宇田川ビジネスミーティングはちょっと先になります。

3月13日。

以前、「名前の書き方」を教えて下さった、書家、小原実香先生、2度目の登場です!!


【23】 3/13

感謝を伝える、次に繋がる!

直筆お礼状の書き方ミーティング


● ゲスト:小原実香
書家 ● 参加費:¥4,000

お楽しみに!!!

※小原先生、一度目のミーティングはコチラ

※参加申込フォーマット請求及びお問い合わせは info@atcf.jp
からどうぞ。

1周年まであと。。。

もう少し。

Related articles

Back to Top