ギフト/田中

こんにちは、
時は二千十年をあと一ヶ月残したこんにち、いかがお過しでしょうか?
田中です。

田中が住まうアパートの大家さん(品の良いおばさま)は、とてもいい人で、いっつもいろいろとお世話になっています。
東京という街のなかでは珍しく、ざっくばらんなご近所付き合いをされています。

昨日、玄関ドアの外でなにやらごそごそ音が…
部屋で耳を澄まし、身構えていると、立ち去る足音が…

恐る恐るドアを開けてみると、そこには謎の紙袋…
そして、覗き込んだ中身は…?!

ものすげー量のピーナッツ。
??
すると田中携帯がなり、液晶には「大家さん」

「千葉行ってきたから、田中くんにピーナッツどうかなーって、置いておいたから、食べてねー」

なるほど、有難うございました。

たぶん、人生の中で最もピーナッツを食べる年末を目指します。

…確かに旨い。そして一粒がデカイ。
朝までワインと料理 三鷹晩餐バール-DVC00019.jpg

Related articles

Back to Top