ブナハーブン蒸留所 / Vision

image1

 

第17回蒸留所はアイラ島でも異質な存在、
ブナハーブン蒸留所です!

ブナハーブンはアイラ島のポートアスケイグ港から
北へ4キロほど行った場所に、1880年建てられ、
今ではアイラ島で最も北に位置する蒸留所です。

なぜアイラ島で異質な存在かというと、
ブナハーブンはピートを焚かずに製造を行う
アイラ島では数少ない蒸留所だからです。

アイラ島のウイスキーといえば、ピートを焚いた強烈な
スモーキーフレーバーのイメージが強いですよね。

その中、ピートを焚かないのは異質的な存在なのです。

このブナハーブンはアメリカで人気が高いようで、
ブッシュ大統領時代にはホワイトハウスで
催されるパーティには必ず出されていたほど。

しかし現在では、生産の1割がピーティな
ブナハーブンを生産しているそうです!

最近はブナハーブンのピーテッドを見かけることが
多いのですが、どれも秀逸なものばかりで、
ブナハーブンのポテンシャルの高さをとても感じますね!

是非、ノンピートとピーテッドのブナハーブンを
飲み比べて違いを楽しんでみましょう♪

 

Yutaro Hirokawa

 

Related articles

Back to Top