マッカラン アンバー / Vision

DSC_2618

 

マッカラン アンバー
-Macallan Amber- ¥1,080-

 

約2年前、マッカランの原酒が枯渇しており、
12年、18年などの年数表記のものがなくなり、
色表記に変わるという噂が立ちました。

いまを思うと、現在のノンエイジ表記ものが増えたり、
余市、宮城峡の年数表記のものがなくなる話の先駆けのようなお話。

しかし今現在もマッカランは
年数表記つきのものを提供し続けてくれています。

そしてその噂がたった時の色表記のものというのが、
ゴールド、アンバー、シエナ、ルビーという4つのマッカラン。

こちらはそのアンバーです。

当時、スコットランドで年数表記なしのものがリリースされた際に、
年数表記しないことのメリットはなにかという問に、
別の蒸留所のブレンダーの方が答えていた内容が
何となく印象深かったのでご紹介します。

英語で話をしていたので誤訳はあるかもしれませんが、
こんなことを言っていました。

「年数表記があるのは、それより若い原酒を使えないという制約で、
絵かきに例えると、絵の具の一部を使わずに絵をかけ
と言われているようなものだ。若い原酒を使うことで
多彩な表現ができるというメリットもある」

年数表記が無いということで、マイナスイメージを持って
飲む方が多いので、イマイチ反応が薄いですが、
先入観を持たずに是非飲んでもらいたい1本。

こちらのアンバーにも期待しましょう。

 

Wataru Kobayashi

 

Related articles

Back to Top