マル秘!メディアに100回出る方法 vol.3

自らのビジネスモデルをアピールして、

何か大きな事を動かそうとするためには、

テレビ・ラジオ・雑誌・WEBなどのマスに対して発信するメディアに露出する方法がある。

メディア露出と一言で言っても、そう簡単に出来るコトでもないし、

そもそもそこにどうやって辿り着くのかすら、何気なく動いていては分からない事だらけ。

そんな中でも、お金をかけずにメディアに通算100回以上出演した実績を持つ、

(株)キープレイヤーズ、高野秀敏代表取締役。

今回、近況も含めた情報提供として、宇田川ビジネスミーティング、4回目のご出演です。

guild bar olim 宇田川

費用¥0&プレスリリース無しでメディアに100回出る方法!PRミーティング.3
● ゲスト:高野秀敏 株式会社キープレイヤーズ
代表取締役

● ライター:4630

************************************************************************************

宮城県生まれ。東北大学経済学部卒業後、人材総合サービスのインテリジェンスに入社。

人材紹介サービスの立ち上げに携わり、その間3000名を超えるビジネスパーソンの

キャリア・アドバイスを行って適職に導く。併せて、キャリアコンサルタントの教育、

新卒・中途採用担当などを経て、2005年1月、株式会社キープレイヤーズを設立。

キャリアに関する講演・執筆多数。

2009年11月、病院やクリニックの募集情報を提供する

医療・介護の転職サイト
ジョブメドレーの立ち上げに参画。また同年12月、

人気企業のプログラマー・技術者募集情報をtwitterで提供するtwitjob
を立ち上げ、

より多くの転職活動をサポートしている。

http://keyplayers.cms.drecom.jp/
 より引用

人材企業を立ち上げて6年目。

高野秀敏社長は、現在インターネット業界への人材紹介を中心に事業を行っている。

最近では、外資系企業のスタートアップの手伝いも多く手掛けており、

自社以外でも、3社取締役を兼任し、顧問をしている企業もいくつか。

様々な企業と携わりながら、通算100回を超えるメディア出演をしてきた高野さん。

ちなみに今週はコンタクト、メガネのメディアに出演していたそうな。。

guild bar olim 宇田川

『メディアに出たい!』

そう思ったときに、まず大事なことは、プロフィールだと語る高野さん。

何かを最初に行った経歴を持つ人は、取り上げられやすい傾向があるそう。

そして、自身の仕事内容をPRしていくにあたり、質と量どちらを押しだせば、

人の目につくかと言われれば、実際には、“量”が重要だという。

ex.何千人と●●したナニガシ。

と言った表現方法を使って、No.1になるポジショニングをし、

大きな山の頂上に登るのは大変だけれど、

小さな山の頂上に登る事で、その山のトップになる。

自分がどの山のトップに立ちたいのか。

そこが、自分をPRするための最初の自己分析。

どの山に登っても、一流になるためには、何かを切り捨てる必要がある。

プロ野球の選手は、そのほとんどが、学生時代エースで4番だったりしたものだが、

プロの世界に飛び込めば、周りが皆そういう選手ばかり。

バッティングではなく、バンドの名手になった選手もいた。

そういう判断力も、求められる。それに応えることで、メディアの目に止まる可能性が高まるのだ。

guild bar olim 宇田川

次に高野さんが大事だと語ったのは、『出版』の重要性。

自身の本を出す事で、取材を受けやすくなる。

今、高野さん自身がモバイルコンテンツの仕事を依頼されているが、

その理由は、「本を出している」から。

昨今、本がなかなか売れない時代のように思われているが、

“信頼度”を高めるために、儲けるためではなく、PR的要素として出版の重要性を語った。

どこの誰だか分からない人よりも、本を出しているという安心感から、

メディア露出の可能性が高まる。

時代に合わせ、書籍に加えてインターネットメディアへの投稿も、大事なファクターになってきている。

“検索エンジン”に引っかかる理由を想像してみる。

それだけ人から情報を求められていると言い換える事が出来る。

そして、様々なインターネットツールの中でも、ソーシャルメディアの利便性が急上昇している。

09年。

高野さんは、twitjob
を開始。

それまでプレスリリースを打った事はなかったが、

先を見越した動きとして、ここであえてプレスリリースを打ってみたところ、

メディアに取り上げられ、マンガになったりした。

ここぞという時には、費用・労力をかけていく先見の明が、更に自身を世間に押し出していく。

guild bar olim 宇田川

前々回の出演時から、高野さんが推奨していたTwitter。

あれからしばらく時が経ち、高野さん自身はツイートすると必ず返信が来るようになった。

Twitterを既にビジネスツールとして扱っている人は、まだ決して多くはないと思われる中で、

確実にポイントをついたやり方で、ビジネスに繋げている。

そのコツは、ここでは非公開にしておこう。

また次の機会に、直接聴いてみた方が役に立つと思う。

guild bar olim 宇田川

guild bar olim 宇田川

メディアに出る事それ自体。

果たして、メリット・デメリットには、どんな事が考えられるだろうか?

メディアに出れば、当然それだけ周りからの期待値も上がる。

が、しかし、その分、別の障害が起きることも考えうる。

中には、“決してメディアには出ない”という方法を取っている人もいる。

PRしすぎて、案件を受けきれなくなるくらいなら、

近しい存在にある2~3社からの信頼を得る方が先。

過剰表現は、時にセルフブランディングを壊す可能性がある。

PRする事が目的ではなく、仕事がうまくいく事が重要であり、

そこをはき違えないセルフブランディングが、周りからの信用を積み重ねていくのだ。

guild bar olim 宇田川

『止まった時計は日に2度重なる』

壊れてしまった時計。

3時で止まっていたとしても、時計の針は一日に2度、正確な時間を指し示す。

何事もコツコツ努力していれば、ピタリと実る事がある。という意味だそうだが、

この言葉の出所は不明だそう。

高野さんは、この格言をいつも思い出す。

PRにしても、ブランディングにしても、

守備範囲を大きく変えずにコツコツ努力し、

そのうちの3割程度を少しずつ変化させていく。

時代に合わせたニーズへの対応。

自分が本当に表現したい自分自身。

誰かにパッと思いだしてもらえる、

『このことは、あの人に聞こう!』と思われる人材になる。

まずはそこから始めることで、自然とメディアから注目される存在になるのだろう。

guild bar olim 宇田川

2010年7月。

今は、Twitterや、多くのツールを利用して、

より多くの人と人間関係を結べる時代。

自分のブランド。

自分の立ち位置。

本当になりたい自分と、外から取り上げられる自分とのギャップ。

『皆さん自身の“自分の土俵”はどこか?それを考えていきましょう。』

高野さんは、
最後にそう投げかけた。

自分自身を知る事。

人から見られた自分を知る事。

お金をかけずにメディアに出る方法は、

その両方が出来てから、もう一度高野さんに聞いてみる事にしたい。。。

from 4630…

**************************************************************************************

今回も超満席!

高野オーナーの言葉の重み。

先人の経験談を聴けたことに感謝します!

土曜の夜にお集まり頂いた皆様、梅雨時期にご足労頂き、有難うございました!!

次回の宇田川ビジネスミーティングは、記念すべき30回目!!

もちろん、記念日を飾るのは・・・

【30】 7/17

ビジネス書作家になろう!

本の書きかた+売りかた+ビジネスへのつなげかた

出版ノウハウミーティングⅢ
● ゲスト:新田龍
株式会社ヴィベアータ
代表取締役 ● 参加費:¥4,000

<参考URL>

http://ameblo.jp/atcf-olim/entry-10576681551.html

多くの皆さまのご参加、お待ちしております。

総合問合わせ先: info@atcf.jp

guild bar olim 宇田川

guild bar olim 宇田川

Related articles

Back to Top