中国起業 極秘ストーリー

何かをやろうと思ったとき。

その時には、既に“先人”という存在がいつもいるものです。

人は、先人の知恵を借り、更に大きな事が出来る。

それが積み重なって、社会というモノが成り立っているような気がします。

中国

日本と同じアジアの国として、

現在、破竹の勢いで経済力を伸ばしている国。

その勢いは、未だ留まるところを知りません。

『でも今、中国って色々あるじゃない?本当にビジネスチャンスなんてあるの??』

メディアを通してしか情報がない場合、こう思われる方も多い世の中なような気がします。

では、実際のところ、これからの中国ビジネスは、一体どうなっていくのでしょうか?

今日は、【中国ビジネス】に多少なりとも興味のある方や、

これから中国ビジネスを始めようと思っている方向けに、

中国ビジネスの“先人”のお話を、少しだけさせて頂こうと思います。

タイトルにあるように、

その話のほとんどが【極秘】であったため、

本ブログでは、その内容を大幅に割愛してお送り致します。

予めご容赦くださいませ。

guild bar olim 宇田川

2010.10.9 宇田川 business mtg 36

現代中国ビジネスの落とし穴!?人任せにしない上海起業術 公開ミーティング

● ゲスト:小池恭平
株式会社ファームライン
代表
● ライター:4630

********************************************************************************

株式会社ファームライン 代表取締役 小池恭平社長。

現在、赤坂と上海にて、オーダースーツ販売における店舗展開を行い、

その傍ら、前職での中国起業コンサルタント業務経験を活かし、

中国ビジネス支援も行っている。

中国からのスーツオーダーは、日本で作って輸出する。完全なる日本製だ。

中国進出は、綿密なる市場調査を行ってから実行した。

スーツを販売しながら行う中国支援は、上海に特化して行っている。

guild bar olim 宇田川

『夜のセミナーは初めてなんです(笑)』

そう言いながら、小池社長はミーティングをスタートさせた。

宇田川olimのミーティングは土曜夜19時15分スタート。

一般的なセミナーとは、少し毛色が違う。

少人数制。ドリンク付。アルコールももちろん出る。

酒を飲みながら、語らいながら、共にビジネスについて学ぶ場。

日本でこのイベントを行っている店は、まだ少ない方だろう。

「ミーティングという名前でやるからには、是非皆さんに自己紹介をして頂こうと思います。」

相互に意見を交わし合ったり、互いを知る事で深めるのがミーティング。

今回のテーマは“中国”だけあって、参加者の皆さまもそのカテゴリーは“中国”を共通に幅広い。

guild bar olim 宇田川

guild bar olim 宇田川

guild bar olim 宇田川

guild bar olim 宇田川

・上海でコーチングのお仕事をされている方

・中国での販促サポート事業を行っている方

・これから中国流通ビジネスを始める方

・中国雑誌を創っている方

・中国ビジネスに特化した弁護士の方

・中国企業が日本企業を買収する際にマッチングを行っている方

etc…

それぞれを知る事で、よりお互いを意識しながらミーティングを行う事が出来る。

絶妙なアイスブレイク。ここから全員で中国ビジネスについて考える。。。

guild bar olim 宇田川

テレビやラジオ、インターネット、新聞。。。

どこを見ても、今、毎日のように騒がれている日中関係。

実は、今日本で報道されている事は、中国ではほとんど報道されていないという。

メディアからの情報だけでは、今の日中関係を判断しきれないようだ。

これから中国を目指そうと思っている方は、こういう生の声が必要なのかもしれない。

ミーティングタイトルにあるが、

今回のテーマは、

【現代中国ビジネスの落とし穴!?】

落とし穴というからには、“予期していない事”を、どのように対処するかを学ぶ機会になる。

では、具体的に小池社長の周りでは、どのような【落とし穴】的出来事があったのだろうか。。。

例えば1つに、健康面での問題。

4年半。上海に住みながらお仕事をされていた小池社長。

当然周りには日本人ビジネスパーソンが多くいた。

だが、様々なストレス、不摂生、暴飲暴食から、健康面で問題を抱える方がかなりいたという。

日本で仕事をしていても、同様の落とし穴はもちろんあるが、なんといっても場所は中国。

海外赴任を経験された事のある方なら、その気持ちが分かるのかもしれない。

自己管理面での落とし穴は多く存在している。

また、もう1つ例えるなら、勘違いで起こる落とし穴。

某大手企業が、理由は分からない中で、中国の中でもその業態のマーケットの無い地域でビジネスを始め、

すぐに撤退した。おそらく、知人の紹介か何かで、情報量が少ない中での進出だったのだろう。

勢いだけでビジネスを行おうとすると、すぐに落とし穴は待っている。

他にも極秘話は多くあった。

これらの落とし穴に遭遇した場合、はっきり言って、防ぎようがないわけで。

“起きてからどう対処するか”を考えねばならない。

その答えは明快。

『任せられる人が、中国にいること!』

ようは、現地で全ての問題に対処できる人間でないと、

トラブルが起こった瞬間に、どうにも出来ずに終わってしまうという事。

これは、海外でビジネスを行っている方なら、ある程度想像がつくかもしれない。

日本とは異なる中国のビジネススタイル。他の国ともまた違う空気感がありそうだ。

国境を越えたビジネスは、国内ビジネス以上に、“人”に対して敏感であるべき。

guild bar olim 宇田川

中国ビジネス成功の秘訣は、

【任せられる人材と共に進出する事】

まずはそこからがスタートになる。

guild bar olim 宇田川

上海。

その地を踏んで、ビジネスチャンスを掴んだ小池社長。

その言葉には、ご自身の経験からくる重みがある。

様々な人間と関わり、得た人脈。知識。ビジネススタイル。

信頼出来る現地スタッフと共に、これからも日中を渡り、

独自のビジネスモデルを築き上げていくという。

求むべきは、「人材」という名の「人財」。

中国ビジネスを始めてみたいという方は、

まず、小池社長とお話してみてはいかがだろうか?

繋がる事。

当たり前のようで、一番難しい事。

まずは、その一歩を踏み出してみる事が、

サクセスストーリーのプロローグとなる。。。

by 4630

************************************************************************

小池社長、

昼間は話せないコアな裏話、お話頂き有難うございました!

ブログでは書けない事が多かったですが(笑)、実際の出来事のお話は臨場感が溢れていました。。

3連休初日にも関わらず、ご参加頂いた皆様、本当に有難うございました!

この繋がりが、皆さんの中国ビジネスに活きますように。。。

そして次回の宇田川ビジネスミーティングは、

今回の繋がりで企画した、【日中韓】を結ぶ、これまた初出演講師による!?

—————————————————————————
2010.10.23 宇田川 business mtg 37 残席状況:◎NEW

元アシアナ航空CAが教える!日中韓を結ぶ“リアル”コミュニケーション 習得ミーティング

● ゲスト:小山聖子


元アシアナ航空客室乗務員 / 現<io>主宰

● 参加費:4,000 ●19:00~20:00
—————————————————————————

です!

アナタのアジア人に対するコミュニケーション感覚、

本当に正しいと確信していますか??

少しでも不安のある方、これは必見のミーティングでございますよ!

もちろん、これから韓国や中国、更には他の国の事を学びたい方も必見!!

小山先生が分かりやすく、丁寧に、ご自身の失敗談を込みで、

【リアル】なコミュニケーション方法を教えて下さいます!

これを聴けば、アナタも現地の方と同じ目線で話が出来る!

逆に知らないと、相手の本音が見えないまま話をしているかも!?

今回同様、ブログには一部しか載せられませんので、

この機会に是非、ご参加くださいませ!

お申込み、お問合わせは、

info@atcf.jp

まで。

お楽しみに☆☆☆

Related articles

Back to Top