愛すべき酒 ~シングルモルト~ ヒストリー編

『シングルモルト』

このお酒を、日本に、いや世界に広めた一人の日本人。

他の追随を許さないウィスキーへの愛情。

whiskyを扱う世界では、もはや知らない人はいない。

guild bar olim 宇田川


土屋守

その人である。


シングルモルトを知ろう!モルトの魅力とスコッチビジネスミーティング
●ゲスト:土屋守 スコッチ文化研究所
代表

●ライター:4630

******************************************************************

1987年。

土屋守さんは、イギリス・ロンドンへと渡った。

佐渡島出身。大学入学と同時に上京し、探検部に所属した土屋さんは、

当時チベットあたりのアジアを中心に部の活動をしていました。

探検への探求心から、フリーのジャーナリストへ。そして、新潮社にて週刊誌記者として活動。

その時、ヨーロッパへ行きたいという強い想いを抱き、大英博物館を見るために、1987年渡英。

月刊誌の編集部で勤めながら、1988年、スコットランドはエジンバラで、初めてシングルモルトを飲んだそうです。

シングルモルトを紹介され、編集の仕事をしている以上、シングルモルトの本を書く事に。

何か参考になるモノはないかと、いろんな書籍を探してみても、まだシングルモルトがほとんど知られていない時代。

数少ない文献から情報を求め、数少ないシングルモルトを置く店でシングルモルトを学び、

少しずつ、着実にシングルモルトの歴史における大きな一歩を進めていた土屋さん。

多くの事を調べていくウチに、『シングルモルトを、誰も知らない』と気付いた土屋さんは、

“だったら、俺はシングルモルトのプロフェッショナルになれば良い”と考え、とにかく現場を見て回ったそう。

そして、14年前のちょうど今頃。

1995年。

モルトウィスキー大全の初版が発売されます。

これは、世界で初めての事でした。

シングルモルトは、当時ウィスキーのシェア率約3%。

現在、約20%まで上がったのは、このモルトウィスキー大全がきっかけになったに他なりません。

モルトウィスキー大全の大成功の後、ブレンデッドウィスキー大全を作る事は決めていたそうです。

97年に着手したブレンデッド大全を、98年に発売。

本当ならば、ここでそれらの仕事を終える予定でした。

しかし、世間の流れが、土屋さんをほおっておく訳はなく、

シングルモルトが世界に広がり始め、モルトウィスキー大全は改訂版を発売する事になりました。

と同時に、世界はダイナミックに動き始めます。

インターネットの普及。携帯電話の一般化。

本を書くスピード以上の速さで広まる情報インフラ。

もはやそれは、人一人では追いつけないほどになっていったのです。

『ならば、人の力を集めよう。そこに情報を結集して、1つの形にする事で、“本”を作ろう』

自分自身が代表となり、縛りを自らにかけることで、

もうシングルモルトから離れられない状況に身を置いた土屋さん。

そうして出来たのは、スコッチ文化研究所だと言います。

『モルトウィスキー大全初版出版から14年。

14年間で、たった3回しか改定していない。

しかし、今はもう14年前とは全く違う世界になっている。

ならば、新たにもう1冊だそう。そして、せっかく本を出すならば・・・』

と、今回の出版を機に、ボトルを1本詰めました。

guild bar olim 宇田川

マッカラン14年

このマッカラン。シャチョー
も唸る旨さ。

guild bar olim 宇田川

では、土屋さんにとって、シングルモルトの『うまさ』とは?

数々のシングルモルトを飲んできた土屋さんが、

その魅力を表現するために、大切に思っていること。

それは、、

『香りの豊かさ』

かのウィスキー評論家、マイケル・ジャクソンは、

「一番うまかったモルトは何ですか?」という問いに対して、

『まだ飲んでいない』と答え、土屋さんもそれはまだ同じだと言います。

それでも多くのウィスキーを飲んできた中で、

ウィスキーの香りは、人間の嗅覚を刺激し、最も脳に近い細胞が反応する楽しさがある。

香りから巻き起こるフラッシュバック。

その香りを、“言葉”で表現する思考回路。

脳内で複雑に絡み合うウィスキーのイメージ。

本を書く仕事をするときに行うテイスティングは、

マラソンを走った後の達成感に似ている。

ウィスキーをこれから飲むときに、

“香り”に注目してみてください。と、土屋さんは強く話すのです。

guild bar olim 宇田川

20年。

その経歴のもとに、新しく出版されたモルトウィスキー大全。

guild bar olim 宇田川

guild bar olim 宇田川

おそらく、もうシングルモルトの世界で、

土屋守さんを超えられる人は、現れないでしょう。

しかし土屋さんは、土屋さんとは違う方法論で、第2第3のウィスキー評論家が出てきてほしい。

そう話すのです。

『土屋守を超えるには、自分が“作り手”になる事だ!』

今後、ウィスキー評論の第一線に立つためには、

血のにじむような努力が必要になるであろうことが容易に想像できるほどに、

『土屋守』さんという存在自体の大きさに、参加者全員が圧倒された夜になりました。

guild bar olim 宇田川

『ウィスキーは、作るのに時間がかかる分、こんなに面白い酒は他にない』

土屋守さんがそう話すウィスキーのお話は、

また別の機会に。ちょっと長くなりそうなので、今日はこの辺りで!

guild bar olim 宇田川

guild bar olim 宇田川

guild bar olim 宇田川

guild bar olim 宇田川

guild bar olim 宇田川

発売されたばかりの最新版モルトウィスキー大全を購入したモルト好きの皆さん、

これは良い記念になったのではないでしょうか??

guild bar olim 宇田川

ちゃっかり店用も購入。

guild bar olim 宇田川

土屋守さん。

そのご多忙な中、貴重なお話頂きました事に、心より感謝致します。

ご参加して下さった皆さん、

お足もとの悪い中、本当に有難うございました!

ウィスキービジネスの話はまた後日。

お楽しみに。。。

さて。

12月はどんどん行きます!

次回・次々回の宇田川ビジネスミーティングは???

参加者募集中! 残席状況:◎
【17】 12/12 コーチングを身につけよう!トップコーチの社内面談のコツ公開ミーティング
● ゲスト:斉藤日登美

Quality Time Corporation
代表 ●参加費:¥3,000



参加者募集中! 残席状況:◎

【18】 12/26 “婚活ブランディング”とは? 2010年婚活戦略ミーティング
● ゲスト:澤口珠子 国際イメージコンサルタント ●参加費:4,000

※参加申込フォーマット請求及びお問い合わせは info@atcf.jp
からどうぞ。

Related articles

Back to Top