未来のために活きる

先日行われた、新田オーナーのMTG
時に、

編集者の川上さんから、一冊の本を頂きました。

「壁をブチ破る 最強の言葉」  桜井章一

20年間、無敗の麻雀雀鬼の名言集。

そこに書いてあった、「生きる<活きる」の意味。

昨日も、今を駆け巡り、未来を築く方々が、フラリ、またフラリと集まりました。

バーって、よくよく思うと、凄い空間です。

何十億人もいる世界人口の中で、その時間・その空間を選んだ人たちが、偶然なのか、必然なのか集まる。

ある意味、奇跡に近いのかも。と感じたり。

とにかく皆さん、「活きる」意識でお仕事をされている方々。

人のコミュニケーションの手助けをする方もいれば、人の生活に密着した土地のお仕事をされている方、

保険だったり、労務関係だったり、飲食だったり、カメラのお仕事をしていたり、映像制作をしている会社で人事をしていたりしても、

とにかく、根本は、『活きる』という意識だったり。

生きていれば、いろんなことがあります。

が、それは、『活きて』いるのか?という事を、

ふと、立ち止まって考えてみたり。

人との出会い。一冊の本との出会い。

活きている人。活きる事を教えてくれる本。

今日この一日もまた、

未来のために、“活きて”みたい。

そんなことを、ふと想う今日この頃です。

Related articles

Back to Top