真冬のTOKYO~都市伝説~/田中

最近の閉店後の閉め作業BGMは
フジファブリック「茜色の夕日」(グラスを拭きながら田中大熱唱バージョン)。
どうも、田中です。

とある人に聴いた話です。

雪が降った日の東京。
首都沿線は大幅の遅延になり、
駅前のロータリーはタクシーを待つ人々の列。

しかし、いつにもましてタクシーの回転率があがらず、
列はふくれあがるばかり。
皆「こんなに雪が積もってたら、タクシーも安全運転だから、ゆっくりなんだろうな」
そう思っていた。

しかし、
真実は、
違ったのである。

運転手さん曰く、
「あー、雪が降った日は、つもる前に仕事、上がっちゃうんだよ。
 事故ったらたまらんからねー。」




か。だから少ないんすか。。。。

ちなみに、今まで一番驚いたお客さんはどんな人ですか?の問いには、
「若い女の人で、一万円払うから練馬から赤坂まで10分で行ってくれ、そんな人がいたよー」

実際に田中が運転手さんに聞いた話なので、
信じるか信じないかは貴方しだい!?

Related articles

Back to Top