社内試験(バーテンダーテスト)について

img_3158

 

毎月1回、主として社内のバーテンダーを対象とした試験
(社外参加も受付けています)を実施しています。

内容はバーテンダーとして各種酒類の知識量を問う筆記試験、
テイスティング、マーケティングレポートの3部門。

定期試験自体は10数年継続していますが、
今の形式に近いものは6年くらい前に導入。

将来的には、プレゼンテーション項目を加えることを検討しています。

弊社では、一般的なBARにあるような、師匠を要する徒弟制度が無いため、
社内試験は「自ら」知識技術の向上に取り組むための
機会創出のひとつとして位置付けています。

 

開催意図は、バーテンダーとして必要最低限の知識等を、
現時点でどの程度有しているのかを自ら確認するのと同時に、
定期開催によって、その習得に対して
「日々、向上努力ができているのか。経験値を積めているのか」を
振り返ってもらうことにあります。

バーテンダーという職務の唯一目的は、いつだって、
店を訪れてくれるお客様に幸せなBARの時間を提供することであり、
全てのアクションは、その質量を向上させるためのプロセスです。

好奇心、向上心を持ち続けることは、
バーテンダーが目的達成するための必要条件。

これを持ち続けることが苦であれば、残念ながら職務適性がありません。

 

社内試験は、時に日々に流されず、高い意識を継続できているのか。

それを自分の頭の中だけの独りよがりな判断ではなく、
明確に可視化された結果として確認できるツールのひとつです。

ひとりでも多くのバーテンダーが目的達成をするために、
社内試験をうまく利用してほしい。

これももちろん、日本で一番バーテンダーが働きたい会社を
創るプロジェクトの一環です。

 

Nobuhide Kobayashi

 

Related articles

Back to Top