錬金術師ふたたび

2007/06/21

in: Vision

visionの八嶋です。スプリングバンク蒸留所の創業者一族にあたり、
同蒸留所での勤務の後、2001年の新生ブルイックラディ蒸留所にも関わり、
マーレイマクダヴィッドのオーナーでもある、ゴードン・ライト氏が
また新たにアルケミストというブランドを立ち上げました。
ちなみにアルケミストとは「錬金術師」の意味を持ちます。
同社のコンセプトは「最高の蒸留酒を吟味し、今まで蒸留酒に縁遠かった方にも
幅広くその良さを知ってもらう」こと。なんだそうです。
それで、前回のファーストリリース時には、モルト以外にアルマニャックや
カルバドスもあわせてボトリングしたのでしょう。。

で、セカンドリリースとなる今回は、地区別モルトウイスキー6本セット
という形で、単品でのセールスはせず、セットセールスの形をとり、
まさしく業務用といった感じ。その中にポートシャーロットやヘーゼルバーンといった
レアアイテムが入っているのも、創業者として先の2つの蒸留所との
太いパイプがあったからこそ実現した、とても期待できるラインナップです。
それは、こちら・・・

ts070621


ハイランドパーク 1990 15年
[オークニー島] 1990年5月蒸留・2005年7月瓶詰 バーボン樽
柔らかいゴールド。アロマはフレッシュでスッキリとしており、若干塩っぽい。
シトラスフルーツとバニラオークが絶妙なバランスで、
長く滑らかな美しいフィニッシュへと続いていく。

マッカラン 1990 15年
[スペイサイド] 1990年11月蒸留・2006年4月瓶詰 リフィルシェリー樽
ふくよかな金色をしており、シェリーの香りが絶品。
ドライフルーツや甘い樽香が、丸みのある深い味わいを口内に残す。
フィニッシュは長く魅力的。ファーストクラス級だそうです。

スプリングバンク 1995 10年
[キャンベルタウン] 1995年11月蒸留・2006年4月瓶詰 ポート&バーボン樽
濃い赤茶色が、そのルーツと品質を裏付けている。
ポートカスク熟成とファーストフィルのバーボン熟成を合わせたボトリング。
香りと味わいは複雑で、スプリングバンクの醍醐味を存分に感じられる。
ドライフルーツと潮の香りとのバランスがおもしろい一品。

オーヘントッシャン 1993 16年
[ローランド] 1993年4月蒸留・2007年1月瓶詰 バーボン樽
淡いゴールド、若干フローラルな香り。控えめなアロマが好印象。
かすかなオークを伴った、柔らかくフレッシュな味わい。
洗練された優しげに続くフィニッシュの中にも複雑さを感じる。

ポートシャーロット 2001 5年
[アイラ島] 2001年11月蒸留・2007年1月瓶詰 リフィルシェリー樽
淡いゴールド。香りは力強く、押し寄せるピートの波。
ボディは屈強で大胆だが、ほのかに繊細さも感じる。
ピートと海水が交互に現われる味わいは、長くすっきりと続く
フィニッシュを残して荒々しく去っていく。

ヘーゼルバーン 1998 8年
[キャンベルタウン] 1998年5月蒸留・2007年1月瓶詰 リフィルシェリー樽
淡いゴールド。香りはライトで、デリケート。
味わいは上品に甘く、モルティーに仕上がっている。
バニラフレーバーがふんだんに感じられ、焦がしたオークとスパイシーな後味と
きれいなバランスを取っている。胡椒のようなフィニッシュ。

また、明日からは先週も好評頂いた、目黒 酣 雨宮料理長特製の
金土日3日間限定のお料理ご用意します。それはこちら・・

鮎の一夜干し ウィスキー風味
国産豚すね肉の塩七日漬け

絶品ですよ、今回も。8食限定ですので、お早めに。。

スコットランドの錬金術師とうちの錬金術師の素敵なマリアージュを是非。
今夜もvisionにて、お待ちしております。

ATCF Ltd. official web site はコチラ