響け!想いを込めた言霊、の巻/田中

日々、飲んだウイスキーの特徴をテイスティングノートとよばれる帳面に記し、
日々、続けて行くうちに、
日々、「うまい」だけで終わりがちになってきている田中ですが、

それじゃいかんと。

もっと伝わりやすく、
そして、その言葉から想起させられる味、香りを旨く表現しようと、
試み始めたのが、
早半年前。

で、久々に過去の記録を読み返してみました。



、。。書いた自分にすら、りかいできねえ。

その壱「香;やや塩気のある薄焦げたパンの博多天神」
その弐「香:塩素を溶かした、程よく厚い甘そうな乾いた茶色の生水」
その参「味;ブランデーに浸した麦で編んだフィルターを通したメイプルシロップアルコールに2mmのクミン」

さて、これ、なんのシングルモルトでしょうか??
オフィシャルです。
その弐とその参はおなじものです。

Android携帯からの投稿

Related articles

Back to Top