10月23日 イベントの裏話

引っ越し関連の手続きに追われ、

未だ部屋も片付かず、

起きたら無線LANの調子が悪くて貴重な30分を失ったり。。

とまぁ、引っ越し直後なんてのはこんなもんだと思います。

早くスッキリさせて、良い店づくりに集中したいです。

さて。

10月23日(土)に行う、日中韓を結ぶ一大イベント。

詳細が講師の小山さんより届きました。

世界各国を駆け巡り、世界中の国の人と一緒に仕事をしてきたからこそ、

その経験論には重みがあるわけで。

より“リアル”なコミュニケーションを、アジア人同士でしてみたい方、

おそらく今の自分の感覚は間違っているだろうなと思っている方、

アジアにこれから出ていこうと思っている方、

日本でアジア人と接する機会のある方、

今、参加するかどうか迷っている方、

などなど。

お友達を誘って、是非遊びにいらして下さいねー。お待ちしてます。

予約:info@atcf.jp
 

*****************************************************************************************

『講師 小山聖子さんからのコメント』

◆マナープチレッスン編


・例えば、「有難う」を伝える時、日本人は<お辞儀>ですが、韓国、中国は違います。

それを実際にアクションでレクチャーします。

・握手の方法も違います。これも日中韓の違いをレクチャーします。

・挨拶の仕方も日中間の違いをクリアにお伝えします。

・相手国では”普通”、嫌な顔をしてはいけないシチュエーションとは?

・食事の際に知ると役立つマナーレッスン

◆これからは、お隣の国と日本がより親密に関係する時代!

お隣の国を習慣を知ることは<教養>として必要な時代です。

・もし中国・韓国・日本人が一緒に働く際にあなたが人事部長だったら?

それぞれの国民性のツボを押さえるだけで、働きやすくなる「ツボ」をお伝えします。


・日本の常識と、隣国の常識は違う!

知っておくだけで人間の幅が広がるお隣の国の知識

◆アジアから見た日本を知ろう!

・相手国が苦手な「日本人の習慣」

・相手国が好きな意外な日本の観光地

・相手国の心を掴む意外なお土産とは?

―おまけ―

・日中韓の「●●」の違いのポイントなど、●意識の違い

アシアナ航空では、同じ機内で韓国人・中国人・日本人と連携して働く事もあり、

「実際」のお話ができるのが私の強みだと思います。

また、中国・韓国に6年間住んでいたのでその経験も活かせればと思います。


Related articles

Back to Top