バカルディスペリオール ラム酒の歴史 / 代々木上原 Canned Crab Bar

バカルディ

Bacardi Superior
バカルディ スペリオール

カニカンこと代々木上原 Canned Crab Bar 藤井です。

蒸留酒といえばラム、ジン、ウォッカ、テキーラ。その中の1つ「ラム」はサトウキビの廃糖蜜または絞り汁を原料とした蒸留酒。

ちなみに発祥はカリブ海ですが、実はカリブ海の島々にはサトウキビは自生しておらず、コロンブスによって開拓された際に持ち込まれたところたまたま気候がとてもあっていたのでカリブ海はサトウキビの一大生産地となったみたいです。
すごい偶然ですね。

世界的に第二次世界大戦まではジンが飲まれていましたが、アメリカなどでは対戦によってイギリスからのジンの輸入が困難になったことでラムブームに。
やがてアメリカから世界中に広まりウォッカと共に国際的なお酒としての地位を高めていきました。

カリブ海の海賊に愛されたと言われるラム。
映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」でもラムが登場し、それをきっかけにモヒートやピニャコラーダ・キューバリブレなどラムベースのお酒が流行り、3作目が上映されたときにはダークラムの消費量が前年比の31%増になったとか。

コウモリのマークが特徴的なバカルディスペリオールはラムの中でもっとも有名な1本。
アメリカンオークで熟成しチャコールフィルタリングされておりすっきりとした甘みとバランスの取れた酸味が特徴的。

どんなラムベースのカクテルにも合う優秀な1本です。
どうぞご賞味ください。

 

Yoshiki Fujii  藤井善貴

Canned Crab Bar & Wagon  代々木上原
03-3466-2640
Google Map  渋谷区西原3-21-1 1F2号
Facebook
Instagram

Related articles

Back to Top