Bowmore 3 selection / OLIM

ボウモア

いつも OLIM ブログをご覧いただきありがとうございます。
ウイスキー量り売り、テイクアウト企画ですが、希少なウイスキーを少しずつ飲み比べができるとして、おかげさまで大好評です。
特に人気なのが、当店で在庫数も希少なスコッチの聖地、アイラ島のテイクアウトが大人気です。

本日は残りわずかではありますが、大変興味深いボウモア3種の飲み比べをご紹介させて頂こうかと思います。

まずボウモアとは皆さんご存知「アイラの女王」「海のシングルモルト」などと称され皆さんに愛される超メジャーウイスキーです。
アイラ島とは、スコットランド北西にある島々のうちの一つ。人口数千人の小さな島です。

大麦を中心とした農業、製麦、蒸留所と島の産業のほとんどがウイスキーと言っても過言ではありません。

他にもラフロイグ、カリラ、ラガブーリン、ブルックララディ、アードベックなどどの蒸留所も大人気のものばかりです。

その歴史も長く、ボウモアの創業は1779年。日本はその時江戸時代中期でしたので、そう考えると、まだ百姓一揆とか行っていた時代に、もうウイスキー作り始めていたんですね。

イギリス王朝とも縁があり、女王エリザベス2世の戴冠50周年に献上されたのもボウモアなのです。

そんなボウモア も紆余曲折。
80年代はウイスキー大不況。経営が悪化したモリソン社はメンテナンスや樽の刷新ができず、60年代から素晴らしいモルトを輩出していましたが、70年〜80年代のボウモアはパフュームと呼ばれる、化粧品のような香りに包まれるウイスキーとなってしまいます。

1989年サントリーの資本参加で、以降パフューム香は徐々になくなっていきました。

今回ご紹介するボウモアはまさにその歴史をそのまま体験できる三者三様の3本になります。

特に注目すべきは Islay Violrets 33y Elixir distillers で、the スミレの香り。ソムリエのトレーニングキットで出てくるんじゃないかというくらいにスミレです。

パフューミーなボウモアって。。。という価値観を変えてくれる1本なのではないかなと個人的には思います。

ぜひ飲み比べてみてください。

 

★ウイスキー量り売り/テイクアウト について

OLIMで取り扱う希少な長期熟成ウイスキーは、全て小売(量り売り)販売も行っています。
販売価格は、店内と同一ですが、別途、詰替用ボトルが必要になります。
また、BARをご利用いただかなくても、小売購入のみ(要瓶詰手数料)も可能です。
配送(要送料・東京都内のみ)も承っております、お気軽にお問い合わせください。

*詰替用ボトルは、ご持参いただくか、以下の店内販売品をご利用ください。
①プラスチックボトル(30ml)¥50
②ガラスボトル(30ml)¥100
③ガラスボトル(60/90ml)¥200

*瓶詰手数料は、1回(最大10杯分/300ml迄)につき、¥1,000を頂戴しております(BAR利用時は無料)。
また、手数料と同額のヴァウチャーチケット(BAR利用時に使用できるクーポン)を進呈しております。

*在庫リストのご用命は、olim@atcf.jp 宛に、タイトル「OLIMリスト」で、ご連絡ください。

 

Yuta Anan  阿南裕太
OLIM Speak easy  渋谷
03-5458-1862
Google Map  渋谷区宇田川町33-10 J+Rビル サイドJ 3F-B
Facebook

Related articles

Back to Top