アイラの女王ボウモア オフィシャル12年からボトラーズまで厳選4本 / 恵比寿 VinSanto

ボウモア

こんにちは!恵比寿VinSantoの丸田です。

当店は恵比寿駅西口側五叉路付近の路地裏にある隠れ家バーです。
3階建ての当店は1階はスタンディングバー、2階は書斎をイメージし本棚とアンティーク家具で統一されたテーブル席、3階はオーダーメイドスーツを仕立てるサロンとしても使われているテーラー風のテーブル席と、シチュエーションに応じてご活用頂けます。

そんな店内はイタリアワインをメインにウイスキーも数多くご用意しております。
その中からアイラ島の蒸留所《ボウモア》の厳選4本をご紹介!

 

スコットランドのアイラ島とは?

スコッチウイスキーの聖地と呼ばれるアイラ島。
アイルランドとスコットランドの中間あたりに位置し、総面積が600k㎡(日本でいう淡路島程の大きさ)とあまり大きな島ではないにも関わらず9つの蒸留所が稼働しています。
アイラ島で造られるウイスキーの特徴は、他のスコッチウイスキーではあまり感じられることのない強いピート香とスモーキーな味わい。
ピートとは泥炭のことで、ウイスキー造りの工程である大麦麦芽を乾燥させる際にこのピートを焚いて大麦麦芽に香りを移します。
この工程によりアイラ島特有のスモーキーなウイスキーとなります。

 

ボウモアとは?

現存するアイラ島の蒸留所の中で最古のボウモア蒸留所。ボウモアとはゲール語で「大いなる岩礁」の意味を持ちます。
スコッチウイスキーの伝統的な製麦方法であるフロアモルティングを行なっている希少な蒸留所です。

※フロアモルティングとは床に大麦を広げて発芽させる製法のこと。

蒸留所にあるNo.1 Vaults(第一地下貯蔵庫)は、スコッチモルトウイスキー貯蔵庫としては最古の歴史を誇ります。
海に面した位置にあることもあり、ほのかな潮味が加わっていることが特徴的。
アイラ島ならではの力強いスモーキーさと潮味、そして熟成における滑らかな口当たりから、《アイラモルトの女王》と称されています。

 

Bowmore 12y
ボウモア 12年

ボウモア 12年

ボウモアのフラグシップ。
ボウモアの特徴である力強いスモークとピーティーさの中に樽由来であるフルーティさのバランスが秀逸です。
ピーティーながらも口当たりはスムースで滑らか。

 

Bowmore 18y Deep&Complex
ボウモア 18年 ディープアンドコンプレックス

ボウモア 18年 ディープアンドコンプレックス

免税店向けにリリースされた1本。
オロロソシェリー樽とペドロヒメネスシェリー樽で熟成した2つの原酒を使用しボトリング。
樽由来の濃厚なシェリー香と味わいがしっかりと感じられます。

 

Bowmore No.1
ボウモア ナンバーワン

ボウモア ナンバーワン

ボウモア蒸留所が所有する最も古い貯蔵庫であり海抜0mに位置するNo.1 Vaults(第一貯蔵庫)で熟成させた1st フィル(古樽をウイスキー熟成用として初めて使ったもの)バーボン樽の原酒を100%使用してボトリング。
潮味とバニラのような甘みのバランスがちょうど良い1本となっています。

 

Bowmore 2013 5y Douglas Laing’s Provenance
ボウモア 2013 5年 ダグラスレイン プロヴェナンス

ボウモア 2013 5年 ダグラスレイン プロヴェナンス

スコットランドの最大都市グラスゴーにあるボトラー「ダグラスレイン」。
※ボトラーとは蒸留所から原酒の樽を購入し独自で熟成や瓶詰めをする業者を指します。

ダグラスレインの中でも、コストパフォーマンスと味わいに絶大な人気を誇るプロヴェナンスシリーズからボウモアの5年熟成。
このシリーズは本来の品質はそのままに46%まで加水されています。

力強いスモーキーさと潮味、キャラメルのような甘さがバランス良く感じられます。

生産本数は347本、うち150本が日本入荷と希少な1本です。

 

Erika Maruta  丸田恵利加

VinSanto  Bar & Whisky shop 恵比寿
03-3464-4641
Google Map  渋谷区恵比寿西2-1-7
Facebook
Instagram

Related articles

Back to Top