意外とハマる?バーガー&ジントニックのクラフトジン5選 / Navel

ジントニック専門店とバーガーショップ、2つの顔を持つネーブルです。
最近は、ジントニックとハンバーガーをあわせて楽しんでくださる方が激増で嬉しい限りです。
今回も、バーガーと一緒におすすめしたいジントニックのベースになるクラフトジンを5本を紹介していきたいと思います。

 

 

1. Geranium ゼラニウム

ゼラニウム

スリーリバースさんが取扱いをしているこのジンは、ゼラニウムの名前の通りその花がボタニカルとして使用されております。
テンジクオアイと言うそうで、バラのような芳香を持っているそう。。。気になりますね。
ジュニパーは勿論ですが、レモン、オレンジ、コリアンダー、カシア、オーリス、アンジェリカ、リコリスと言ったクラシカルボタニカルを中心に作っています。

 

2. Akayane Fuyu 赤屋根 冬

赤屋根 冬

鹿児島で生まれたクラフトジン。
焼酎の蒸溜所が手がけており、芋焼酎がベーススピリッツ
厚みもあり、香りの伸びもよくカクテルにもしがいがあります。
ジントニックは、本当に美味しく私も好みです。
ちょうど今の季節、柑橘の風味を存分に感じてみませんか?

 

3. Lonewolf ローンウルフ

ローンウルフ

スコットランドで生まれたクラフトジン
トップで香ってくる抜群の爽やかさはジントニックとの相性抜群
お食事とも相性良いんです。
ブリュードックを作っているブルワリーがジンの蒸溜所を設立。
ブリュードッグと言えば様々な挑戦をしているブルワリー。
その飽くなき挑戦はジンの世界にも…。味わいだけでなく、ボトルデザインも秀逸ですね

 

4. Sacred Organic juniper セイクレッド オーガニックジュニパー

セイクレッド オーガニックジュニパー

セイクレッド=崇高
かなり気品のあるクラフトジンです。
ジュニパーベリーのニュアンスもしっかりとあるので、とてもの見応えもあります。
お食事と寄り添うタイプのジントニックですね。
邪魔しません。
でも、しっかりとジントニックとして、主張もあります。

 

5. Black Tomato ブラックトマト

ブラックトマト

ブラックトマトを使用しているクラフトジン
野菜が入っているのは、珍しく無くなってきましたがストレートで飲むとトマトの風味がしっかりと感じ取れます。
いい感じの青みが癖になりますね。
ジントニックにするとその風味が、ジントニックの味を引き締めてくれます。

 

いかがでしたか?
ぜひ、ジントニックとハンバーガーを楽しんでみてください。

 

Yuya Ohsawa  大澤裕也
Navel Burger & Bar  中野
03-5340-5808
Google Map  中野区中野2-30-8 立川ビル B1
Facebook
Instagram

Related articles

Back to Top