バーレイズ ロンドンドライジン ピンクエディション / 下北沢 Fairground

バーレイズピンクエディション

下北沢駅は小田急東口・京王井の頭線中央口より徒歩3分、茶沢通り沿いにひっそりと佇む大人の隠れ家ワインバー、Fairground(フェアグラウンド)。
東京都に4度目の緊急事態宣言が発令されてしまいました…また禁酒法時代の再来です。
当ブログでも駆け込み的にオススメのお酒をご紹介。本日はこちらのジンを。

 

Burleigh’s Lodon Dry GIN Pink Edition
バーレイズ ロンドンドライジン ピンクエディション

バーレイズジンはイギリスのレスターシャー州ナンパンタン村にあるバウドンロッジファームのバーレイズ蒸留所で造られていて、日本では少量の限定入荷品として販売されています。
蒸留所は2013年10月、クラフト蒸留所を同州に作りたいと考えたフィル・バーリー氏に、マスターディスティラー、ジェイミー・バクスター氏が応えて設立されました。
そのため、バーレイズの森に自生するボタニカルがこのジンのいちばんの魅力。シグニチャーにはこの地の白樺の樹皮、タンポポの根、ゴボウの根、エルダーベリーとアイリスが使われています。
このピンクエディションは、マスターディスティラーのジェイミー・バクスター氏が昨年東京を訪れた際にアイデアを思いついたフローラルで繊細な甘さのジンです。
ボタニカルには桜の花やハイビスカス、ローズやピンクグレープフルーツがバーレイズロンドンドライジンのボタニカルに加えられておりソフトでスムース、とても飲みやすいジンで男女問わずオススメの一杯目です!

 

7/9(金)現在の営業時間は【17:00-20:00/月曜定休】です。
7/12(月)以降は【平日17:00‐20:00・土日祝15:00‐20:00】となります。

 

<引き続き感染防止対策実施を徹底しております。ご協力をお願いいたします>

・お客様には店内ご利用時に、手指のアルコール消毒をお願いしています。
・店内密集を避けるため、入店制限を設けています。
・店内換気のため、入口扉や窓を開放したまま営業しています。
・店内換気状況を随時確認するため、二酸化炭素則敵を設置しています。
・店内什器備品のアルコール消毒を、全日実施しています。
・飛沫防止のため、各席にアクリル板の設置をしています。
・スタッフは、出勤時に検温を全日実施しています。
・スタッフは、マスク着用で業務にあたります。
・スタッフは、30秒手洗いとアルコール消毒を徹底しています。

 

Sho Matsuo  松尾捷
Faiground Wine bar  下北沢
03-3464-4641
Google Map  世田谷区北沢2-3-12 友和ビルB1
Facebook

Related articles

Back to Top