グレーンウイスキー キャメロンブリッジ蒸留所 25年 クランデニー / 下北沢 Fairground

キャメロンブリッジ

下北沢駅は小田急東口・京王井の頭線中央口より徒歩3分、茶沢通り沿いにひっそりと佇む大人の隠れ家ワインバー、Fairground(フェアグラウンド)。
配属の代々木上原からコンスタントにシフトインしております、松尾です。
大晦日です。2021年最後のブログ記事は私松尾が書かせていただきます。

まずは、本年も当店 BAR Fairgroundをご愛顧いただき誠にありがとうございます。
昨年に続き色々と大変な年となりましたが、皆様のお陰で2021年も無事締めくくれる運びとなりました。
来年もまだまだ状況は変わらず慌ただしい年となりそうですが、皆様の変わらぬご健康と、現在闘病されている方々の全癒を祈念し、スタッフ一同、2022年も笑顔でお待ちしております。

さあ、2021年の記事を締めくくるボトラーズウイスキーはコチラです!

 

Clan Denny Cameronbridge 25y
クランデニー キャメロンブリッジ25年

1947 年の創業から70 年続く老舗インディペンデント・ボトラー「ダグラス・マクギボン社」のクランデニーは、父から息子、そして孫へ…三代に渡って築き上げられてきたスコットランド各地の蒸溜所との深い信頼関係によって、良質な樽だけを選び抜いたシリーズです。
このシリーズには、若い熟成年数から熟成のピークを迎える15 年程度のシングルモルト原酒をシングルカスクのみでボトリングした「Clan Denny Single Malts」と、若い原酒から50 年オーバーの長熟をもボトリングする「Clan Denny Single GrainsR」の2ラインナップで構成されており、今回ご紹介するのは後者の長熟タイプのシングルグレーンウィスキー。なかなか珍しいタイプですね。
キャメロンブリッジ蒸留所はあまり聞き慣れないかもしれませんが、ローランド地方に位置するグレーンウイスキーの蒸留所です。
ディアジオの心臓とも言われ、ディアジオ社からリリースされるブレンデッドウイスキーに使われるグレーンをガンガン製造している蒸留所でもあります。
グレーンウイスキーとはいえ、25年熟成ともなると、非常に良い樽熟成があり、スコッチモルトにも引けを取らない非常に美味しいボトルに仕上がっています。

飲み納め、飲み初めはBARで。
新しい年が始まる時に普段飲まないタイプのウィスキーを飲むと、より”新しい感”で楽しめそうですね。

2022年も宜しくお願い致します!!

 

Sho Matsuo  松尾捷

Faiground  Bar 下北沢
03-3464-4641
Google Map  世田谷区北沢2-3-12 友和ビルB1
Facebook
Instagram

Related articles

Back to Top