クライヌリッシュ 14年 評価(レビュー) / 吉祥寺 Vision

クライヌリッシュ14年

 

Clynelish 14y
クライヌリッシュ 14年

クライヌリッシュ蒸留所は北ハイランドにある蒸留所で、ブローラという街にあります。
もともと1819年創業のクライヌリッシュ蒸留所があり、それが蒸留所の増強により隣に新しい蒸留所を作り、その新しい蒸留所がクライヌリッシュを名乗るようになりました。
もともとあった蒸留所は「ブローラ」に名前を変えて操業していましたが、1983年に閉鎖してしまいました。

クライヌリッシュの特徴はノンピート、海沿いに立つ蒸留所ということで、若干の潮の風味、そして非常にフローラルな香りとクリーミーな舌触り。
このバランスが他の蒸留所には無い独特の風味を生み出していることから、唯一無二の蒸留所として、当店のお客様に大変固定ファンが多い蒸留所です。

原酒の95%はブレンデッドウイスキー用の原酒として出荷されており、ジョニーウォーカーの主要原酒の一つでもあります。

ボトルに書かれている猫の絵は、スコットランドヤマネコで、現地に生息するヤマネコとのことですが、実は絶滅危惧種で、現在は35匹しか確認されていません。これは猫どうしの混血により純粋なスコットランドヤマネコが少なくなっていることが原因と言われています。

さて、5年くらい前から、「ブローラ蒸留所復活」というニュースが出ています。ディアジオが正式に情報をリリースしているのでいずれは復活すると思われるのですが、復活計画が出てからその後具体的な続報がなかなか出てこないので、もう少し正式な復活は先になりそうです。
ブローラが操業していたときは、クライヌリッシュとの差別化でヘビーピート原酒を作っており、ただでさえファンの多い唯一無二のクライヌリッシュの味にピートの風味が付き、ファンも多く、閉鎖後は大変な高値で取引されていました。
また飲める日が来るのが楽しみです。

 

Wataru Kobayashi  小林渉
Vision Whisky bar  吉祥寺
0422-20-2023
Google Map  武蔵野市吉祥寺本町1-11-8 耶馬ビルB1
Facebook
Instagram

Related articles

Back to Top