Connemara カネマラ / Vision

カネマラ

平井のブログ第31弾はクーリー蒸留所で作られているカネマラをご紹介します。

カネマラは西アイルランドで造られているシングルモルトウイスキーで、ピーテッド麦芽を使用しているのが魅力なウイスキーです。
カネマラの原料となるのはポールズモルト(グレネスク)製フェノール値14ppmのピーテッド麦芽。
これをブリッグス社製のマッシュタンに入れます。
仕込みの麦芽量は1バッチ3トン(昔は6トン)。ここから16000ℓの麦汁が造られ、2回分(32000ℓ)を発酵槽に投入します。
発酵槽はステンレス製のものを4基使用しており、ポットスチルは初留1基、再留1基の計2基。
これらは元々ベンネヴィスで使用されていた中古のスチルだそうです。
アイリッシュウイスキー特有の軽やかな口当たりは仕込んだもろみを3回蒸留することにより生まれますが、カネマラの蒸留回数は2回となっています。
これはスコッチに倣ったもので、創業者ティーリング氏のポリシーでもあったそうです。
カネマラの熟成に使われるのは全てバーボン樽。
樽詰めされたウイスキーはキルベガン蒸留所にある熟成庫にて熟成されています。

 

Shuichiro Hirai  平井周一郎
Vision Whisky bar  吉祥寺
0422-20-2023
Google Map  武蔵野市吉祥寺本町1-11-8 耶馬ビルB1
Facebook

Related articles

Back to Top