Côte Rôtie Pierre Gaillard 2008 / Fairground

コートロティ

 

Fairground 下北沢の漆山です。

このワインは「灼熱の丘」という意味のコート・ロティです。しっかりとしたアルコールボリュームのあることも多いのですが、今回のワインはそこまでのアルコールボリュームはないようです。

 

Côte Rôtie Pierre Gaillard 2008
コート・ロティ ピエール・ジェラール  Glass 2000 / Bottle 16000

外観は済んで輝きのある濃いルビー色で、縁はオレンジ色が見えているので若さが抜けて熟成感が出ているとわかります。
香りは開けたては大人しいのですが時間が立つにつれてベリーの香りや血肉、黒胡椒の香りがします。
味わいはやや強めに感じるものの、アルコールのボリュームは中程度でレベルの高い酸が余韻を長く引き伸ばします。
フランスは北ローヌのコート・ロティの葡萄品種はシラー です。

 

Kazukuni Urushiyama 漆山和邦
Faiground Wine bar & Gallery 下北沢
03-3464-4641
Google Map 世田谷区北沢2-3-12 友和ビルB1
Facebook

Related articles

Back to Top