恵比寿のソムリエが厳選した 2020冬のイタリアワイン赤 4選 / VinSanto

10月も残りわずかとなりました、今年もあと約2ヶ月。1年あっという間ですね。
今年は新型コロナウィルスの影響などもありバタバタと過ごしたせいか特に時間の経過が早く感じます。
本格的に寒くなってきたので赤ワインが美味しい季節到来、暖かいお食事と合わせて楽しみたいですね。
本日は冬にオススメの赤ワインと、オススメのマリアージュフードをご紹介致します。

 

 

1. FossoCorno Aires  フォッソコルノ アイレス

フォッソコルノアイレス

イタリア中部アブルッツォ週末のワイナリー、フォッソコルノ。
日常の生活に密着したワイン作り、をテーマに非常にコストパフォーマンスの高いワインに定評のあるワイナリーです。
イタリアを代表する葡萄品種である、モンテプルチアーノ種をメインに自社畑を持ち、少量の白ワイン生産も行っていますが主にモンテプルチアーノの赤ワインにこだわった生産者です。
こちらのアイレスはフォッソコルノのベースとも言える1本で、ステンレスタンクでシンプルに仕上げたモンテプルチアーノという葡萄をしっかりと味わうことが出来るワインです。
タンニンも穏やかで軽快な飲み口ながらもしっかりとした果実味を感じることが出来るワイン、生ハムやサラミなどの冷菜からホワイトミートまで幅広いお食事と合わせることが出来る優秀なフードフレンドリーな1本です。

 

2. FossoCorno Orsus Riserva  フォッソコルノ オルススリゼルヴァ

フォッソコルノ オルススリゼルヴァ

同じくフォッソコルノ社からもう一本ご紹介するのはこちら、オルススリゼルヴァ。
アイレスと同様に同社が最も得意とするモンテプルチアーノを使用しますが、大きく異なるのはその作り方。
まずは葡萄を陰干し、レーズンのような状態に乾燥させてから収穫します。
この工程により葡萄の持つ水分が抜けてエキスの凝縮された実となります。
さらに仕込んだワインを大樽にて24ヶ月間もの期間熟成をかけてから瓶詰め、これによりフルボディーでありながらも凝縮された果実感が芳醇に香る上品でエレガントなワインとなるのです。モンテプルチアーノ=イタリアの安いワイン、というイメージを持った方にこそ是非飲んで頂きたい一本ですね。
こちらはビターなミニマルチョコレートやドライフルーツなどと相性ピッタリです。

 

3. Sangervasio A SIRIO  サンジェルバジオ シリオ

サンジェルバジオ シリオ

イタリアを代表するワインの銘醸地・トスカーナ州のピサ地域で1990年初頭からスタートしたワイナリーがこちらのサンジェルバジオ。
設立当初から有機栽培葡萄に基づいたワイン造りを行い、徹底したビオロジックを古くから行うワイナリーで注目を集めている作り手の一つです。
天才醸造家としてイタリア国内はもちろん、世界的に著名なルカ・ダットマ氏のコンサルタントを設立当初から仰いできたことでも有名です。
本当に価値のあるワインは体に優しくて美味しく誰でもが簡単に入手が出来る、というポリシーを持った素晴らしいワイナリーですね。
こちらのシリオはそんなサンジェルバジオのフラッグシップワインの一つ、イタリア地葡萄サンジョヴェーゼ種をベースにごく少量のカベルネソーヴォニヨンをブレンド。
綺麗な酸味とシャープなキレ、洗練された深い味わいはワイン単体でも勿論楽しめますが赤身のステーキや赤ワイン煮込みなどの肉料理と合わせることによりその美味しさがさらに跳ね上がりますよ。

 

4. Cortefigaretto Amarone graal  コルテフィガレット アマローネ グラール

コルテフィガレット アマローネ グラール

イタリア北部ヴェネト州、こちらも数々の名ワインを生み出すイタリア屈指のワイン生産州の一つですね。
そんなヴェネト州、いやイタリアを代表するワインの一つと言っても過言でないのがアマローネというワインです。
葡萄を陰干ししてから使用、糖分を残さず醸造することによって非常にパワフルで凝縮感を持った力強いワインとなります。
あのオバマ前米国大統領もお気に入りのワインだったそうで、国賓を招いての会食などではこのアマローネを振る舞うのだとか。
そんなアマローネの中でも特にスペシャルなワインがこちらのコルテフィガレットアマローネグラール。
葡萄の実の中でも特に糖度の高い【耳】と呼ばれる部分だけを選別してワインに使用、その為使用できるのは葡萄の房全体のわずか20%のみ。
さらにそこから陰干しすることで重量は全体の半分程度まで減ってしまいます、なんとも贅沢極まりない作り方ですね。
その為年間の生産本数は僅かに700本程度、稀少なワインです。
アマローネといえば肉料理と合わせるのが定番、牛肉はもちろんですがヴェネト州地元では馬肉や内臓系の料理とも合わせて楽しむのだとか。
もしもご自宅でアマローネを1本開けるのであれば、個人的にオススメしたいのはまず抜栓した1日目はお肉料理と合わせて楽しんで頂き、ある程度ワインを残しておいて次の日にワイン単体でじっくりと楽しむ、という飲み方はいかがでしょう?

 

Naoshi Morioka  森岡尚史
VinSanto Bar & Private room  恵比寿
03-3464-4641
Google Map 渋谷区恵比寿西2-1-7
Facebook
Instagram

Related articles

Back to Top