François Villard Viognier Les Contours de Deponcins 2017 / Fairground

フランソワ・ヴィリャール

Fairground 下北沢の漆山です。

1962年生まれのヴィラール氏は、近年ローヌで最も評価を上げている造り手で、ローヌを代表する醸造家の一人です。
ヴィラール家は代々農家でしたが、ワイン造りに関わってはいませんでした。彼は、15歳からワイン造りに携わり、20代前半でソムリエを経験していました。
著名なソムリエ達と交友関係を持ち、それに基づき栽培および醸造の勉強をして、理想のワイン造りを目指しました。

 

François Villard Viognier Les Contours de Deponcins 2017
フランソワ・ヴィリャール

外観は済んで輝きのある淡いイエローで。気泡などはみられません。よく熟した葡萄を使用しているのが分かります。
香りはやや開き気味から始まり、パッションフルーツなどの熟した木なりフルーツの香り、トーストやバニラの香りもあいまり、スワリングくるとその香りが顕著に現れます。
味わいはアタックはやや強めで、高いレベルの酸が余韻を引き立てます。
フランスのコートデュローヌ地方の北ローヌ、コンドリューに本拠地を構え、ぶどう品種はヴィオニエです。

 

Kazukuni Urushiyama  漆山和邦
Faiground Wine bar & Gallery  下北沢
03-3464-4641
Google Map  世田谷区北沢2-3-12 友和ビルB1
Facebook
Instagram

Related articles

Back to Top