グレンモーレンジィ蒸留所 フォレスト ボタニカルを焚いたウイスキーとは? / 下北沢 Fairground

グレンモーレンジィフォレスト

 

Glenmorangie A tail of the forest
グレンモーレンジィ アテイルオブザフォレスト

今回ご紹介するのは、森のボタニカルを焚いて麦芽を乾燥させて作る珍しいウイスキー。
グレンモーレンジィ蒸留所がリリースした、物語シリーズの第3弾、森の物語フォレストです。

まずはグレンモーレンジィ蒸留所とは?
ハイランド地方で1843年に創業、スコッチでは1番背の高いと言われてる5.14mのポットスチルがある所でも有名です。
ウイスキー作りには欠かせない熟成、その中でも、ウッドフィニッシュと最後に別の樽使って行う後熟を取り入れたり、デザイナーカスクと呼ばれ自分達で樽を作る拘りもある蒸留所です。

そのモーレンジィ蒸留所が今回挑戦したのが、麦芽の乾燥に森のボタニカルを使うというものです。
麦芽の乾燥に使うものですぐ思い浮かぶものが、ピートですね。
今では風味をつけるためが1番の理由になっているのですが、昔は燃料として使えるからという理由でした。
その時にピート以外の植物も使われることがありました。
その事をモーレンジィ蒸留所の責任者ビル氏は思い出し、どの植物を使って乾燥させるのがいいか研究を続け完成したのが、今回のフォレストです。

森の植物を使っていることで、強いハーバルを感じ焼き菓子やバニラの甘い香りもします。
味わいは最初に感じるのはハーブのような爽快感やオーク、後半はスモーク感も広がり、フィニッシュでは柑橘系のシトラスやオレンジ感じ、余韻が長く続きます。

普段をよくウイスキーを飲まれる方にこそ、飲んでもらいたい1本です。
ぜひお試しください。

 

Ren Gouto 合戸蓮

Faiground Bar&Wine Shop
下北沢/東京都世田谷区北沢2-10-20 ミカン下北 D-201
03-6407-9662
Facebook
Instagram

Related Posts

  • ブログサムネイル画像

    2024年5月19日

    WHISKY BAR Fairground Scotch whisky

    コンパスボックス エセリアル ラメゾンドウイスキー / 下北沢 Fairground

  • ブログサムネイル画像

    2024年5月17日

    WHISKY BAR Fairground Scotch whisky

    ビッグピート アイラモルトのブレンデッドウイスキー ポートエレンも入ってるおじさん / 下北沢 Fairground

  • ブログサムネイル画像

    2024年5月12日

    WHISKY BAR Fairground Scotch whisky

    アイラディスティラリー#3 2009 13年 バッチ7 ブティックウイスキー バックトゥザフューチャー / 下北沢 Fairground

  • ブログサムネイル画像

    2024年5月10日

    WHISKY BAR Fairground Scotch whisky

    ベンリアック蒸留所 10年 スモーキーテン 珍しいスペイサイドのピーテッドなシングルモルトウイスキー / 下北沢 Fairground