グレンロセス 1998 / 吉祥寺 Vision

グレンロセス1998

 

Glenrohtes 1998
グレンロセス 1998

グレンロセス蒸留所は、スペイサイドのローゼス地区にある蒸留所。現在、マッカランと同じエドリントングループが所有しています。
グレンロセスは、ブレンデッドウイスキーのトップドレッシングと言われ、ほぼすべてのブレンデッドウイスキーはグレンロセスが入っていると言われていた時期もあります。現在もそれはあまり変わっていないと思われます。

上記のとおり、グレンロセスはブレンデッドウイスキー用の原酒を多く作っており、製造された原酒の約95%がブレンデッドウイスキー、残り5%が厳選され、シングルモルトとしてリリースされます。
シングルモルトのグレンロセスの特徴は、熟成年数を表記するのではなく、蒸留年を表記すること。もちろん瓶詰め年数から逆算すれば熟成年数はわかるのですが、あえて蒸留年を表記することにより、ワインと同じくその歳のヴィンテージの味を味わっていただきたい、そしてそのヴィンテージの出来具合に合わせた熟成年数でリリースするという考えになっています。

ご紹介のこちらのボトルは、1998年蒸留、2009年瓶詰めのため、約11年熟成。2009年瓶詰めということで、すでに瓶詰めから12年経過。その間酒屋さんでリリース時期を見計らっていたそうです。

このタイミングで満を持してリリース。その当時の1998年蒸留11年熟成の味を今楽しみましょう。緊急事態宣言後に。。。

 

Wataru Kobayashi  小林渉
Vision Whisky bar  吉祥寺
0422-20-2023
Google Map  武蔵野市吉祥寺本町1-11-8 耶馬ビルB1
Facebook
Instagram

 

Related articles

Back to Top