Glenrothes 2009 9y Cadenhead / Vision

ケイデンヘッドのグレンロセス

グレロセス 2009 9年 ケイデンヘッド
Glenrothes 2009 9y Cadenhead

グレンロセス蒸留所は、エドリントングループ所有の蒸留所で、エドリントングループは他にマッカラン、ハイランドパークを所有しています。
グレンロセスは以前より素晴らしいブレンデッド原酒として知られており、ほぼすべてのブレンデッドウイスキーにブレンドされていると言っても過言ではないくらいで、「トップドレッシング」と言われています。
そのため、シングルモルトとしてリリースされるのは総生産量の約5%。シングルモルトで飲む機会は大変貴重ということになります。

さらに、マッカランと同じグループということで、マッカランのシェリー樽の調達ルートや熟成ノウハウを共有することで、シェリー樽熟成モルトの品質の高さにも定評があります。

近年、エドリントングループは、樽熟成する際に加水調整しないという方針に切り替えました。
蒸留したてのニューポットは約70%あり、ほとんどの蒸留所は樽熟成に最も向いていると言われている63.5%にアルコール度数を加水調整してから樽に入れるという作業を行っていますが、エドリントングループ独自の研究結果で、約70%のまま樽に入れても熟成には影響がなく、むしろエドリントングループの作りたい原酒としては向いているという結論になったそうです。

さて、こちらのグレンロセスは9年熟成ながら、アルコール度数が65.3%。加水せずに樽に入れ、それを加水せずにカスクストレングスでボトリングした結果、大変アルコール度数の高いボトルが出来上がりました。
最近リリースのエドリントングループのカスクストレングスもアルコール度数が高いのはそういう理由です。

ということで、飲むタイミングを選ぶボトルです。軽く他のモルトで舌を慣らしてからぜひお試しください。

 

Wataru Kobayashi 小林渉
Vision Whisky bar 吉祥寺
0422-20-2023
Google Map 武蔵野市吉祥寺本町1-11-8 耶馬ビルB1
Facebook

Related articles

Back to Top