品薄気味なジャパニーズウイスキー サントリー山崎の味わい / 代々木上原 Canned Crab Bar

山崎

Yamazakii
山崎

近年世界的に評価を高めているジャパニーズウィスキー。
品薄気味で市場でもなかなか見かけないお酒になってしまいました。
本日はサントリーのウィスキー「山崎」をご紹介いたします。

こちらは京都府の山崎蒸留所で作られるシングルモルトのウィスキー。
日本固有のミズナラ樽で熟成された原酒とワイン樽で熟成された複数の原酒を織り交ぜて仕上げられます。
山崎蒸留所は、1923年に日本初の本格ウイスキー蒸留所として誕生。
創業者はサントリーの創始者鳥井信治郎さん。
のちに竹鶴政孝さんを迎え今日に至るまでのジャパニーズウィスーの歴史の始まりといっても過言ではない蒸留所です。
仕込み水は日本屈指の名水、天王山の湧き水を使用。この水はその昔千利休がお茶を点てた事でも知られます。

当店で取り扱っているのはこちらの年代表記のないノンエイジ。

ソーダ割でのんでもボディが崩れず、ストレート・ロックだと濃厚な甘味や香りを感じられます。
日本人の味覚にあったウイスキー。品切れ続出ですので見かけた際は是非。

 

Ryo Ueda  植田涼

Canned Crab Bar  Bar & Wagon 代々木上原
03-3466-2640
Google Map  渋谷区西原3-21-1 1F2号
Facebook
Instagram

Related articles

Back to Top