KAMARI works 2015 “LIFE” / VinSanto

11327297_795559187224719_1503264668_n

 

KAMARI works 2015 “LIFE”

2015.6.8(Mon)-7.5(Sun) at VinSanto in Ebisu

 

KAMARI worksも早くも3回目を迎えました。

2013 “Message”
2014 “伝”
そして2015 “LIFE”

起業して1年目を振り返り、この1年で感じてきたこと、
創り上げてきたもの、大切なもの・・・。

たくさんの念いを2015 “LIFE”として表現しました。

全作新作、全作淡墨という意欲展となりました。

作品からほとばしる念いを何か感じ取っていただき、
明日からの新しい毎日が、真新しい毎日へとつながりましたら幸いです。

vinsanto様、来場の皆様、生徒様、そして家族に感謝したいと思います。

 

継未-TUGUMI-

スマートフォンやSNSが普及した現代、
文字が読めない・書けない・思い出せない世の中になってきました。

これは、日本だけではなく世界的に生じている現象です。

また、今後グローバル化していく日本において、
必要とされる英語等の語学以上に、日本人としての
identityこそが世界に踏み出す際に必要不可欠な要素であり、
その心の拠り所でもあります。

書道塾「継未-TUGUMI-」では、未来へ書を継いでいくことを
志とする方々や書が好きな方々に書に触れて頂くことで、
「継未-TUGUMI-」の伝道師として日本の将来を担う
子供達や海外の方々へ、書を通じて日本文化に触れ、
書を自己表現手段の一つとして頂く機会を
創出していきたいと考えております。

また、日々のコミュニケーションがITの発達により
利便性の向上と引き換えに気持ちを伝える事が
希薄化してきております。

文字をしたためる行為に時間をかけることで、
気持ちをより強くかつ深く込めて、
大切な相手に念いを届ける事が可能になります。

この「書く」行為こそが、これからの時代において
必要なコミュニケーションスタイルの一つです。

継未-TUGUMI-では多くの「書く機会の創出と提示」を行い、
日常生活において気持ちを伝えるツールとして
書を改めて再定義しております。

そして、仕事や家事等で日々の生活に追われてしまう日常において、
「継未-TUGUMI-」を通じて自己と向き合い
「内観」する時間を創って頂き、人生にやさしさとゆとりを
醸成して頂ければと願っております。

 

一般社団法人 継未 代表理事、書家
マエダ カマリ

 

マエダ カマリ profile:

1973年5月5日 福井県出身
5歳より書を始める。
東京学芸学教員養成課程書道家卒業
高校書道・国語、中学国語・書写、小学校教員免許取得
以後、書団には属さず独立書家として活動。

現在、書家として活動しながら、
未来へ書を継承していく書道塾
「継未-TUGUMI-」を全国12カ所にて主催。

また17年のビジネス経験を踏まえて、市民大学 書道教員、
プレゼンテーション講師、ビジネスコンサルタントや
講演/対談等も多数実施。

 

Related articles

Back to Top