Kilkerran Work in Progress / VinSanto

キルケラン

今回ご紹介するのは、スプリングバンク、グレンスコシアに次ぐキャンベルタウン3つ目の蒸留所、グレンガイル蒸留所で作られるシングルモルトウイスキー「キルケラン」です。

グレンガイル蒸留所は1872年、スプリングバンクを経営するミッチェル一族のウィリアム・ミッチェル氏により創業しました。
しかし、1920年アメリカの禁酒法導入、鉄道開通によるハイランドモルトの流通等により多くのキャンベルタウンにある蒸留所が閉鎖。その余波を受け1925年にグレンガイル蒸留所も一度閉鎖しました。
しかし時を経て2004年、一度閉鎖した同じ場所にて再建。なんとキャンベルタウンでは100年以上ぶり、21世紀になってからスコットランドで初めて新設された蒸留所としてまた日の目を浴びました。

さて名前になっている「ワークインプログレス」、意味としては進行中・発展途上、といったところですが、実は本当の意味は、つくるプロセスそのものにあるということです。
「完成までのプロセス自体がひとつの作品である」
実に味わってみたくなる名前ですね!

実際の味わいはというと、まずレモンピールやジンジャーの爽快感とともにピート香、キャンベルタウンならではのほんのりとした塩気と、しっかりと芯のある飲み口。全体的には甘酸っぱい印象です。
キルケランの「ワークインプログレス」をぜひ感じてみてはいかがでしょう!

 

Erika Maruta 丸田恵利加
VinSanto Bar & Private room 恵比寿
03-3464-4641
Google Map 渋谷区恵比寿西2-1-7
Facebook

Related articles

Back to Top