ラガヴーリン 16年 評価(レビュー) / 吉祥寺 Vision

ラガヴリン16年

 

Lagavulin 16y
ラガヴーリン 16年

オフィシャルのラガヴーリンを改めてご紹介です。

ラガヴーリン蒸留所は、1816年創業のアイラの蒸留所です。
現在はディアジオ社が所有しており、麦芽はポートエレンにある製麦工場にて製麦された麦芽を使用しています。
そのフェノール値は35ppm。
実は同じディアジオ社所有のカリラも35ppm。
私の調べた限りでは、同じ麦芽が納品されているようです。つまり、味わいの違いはカリラとラガヴーリンの蒸留所の使用している水や設備、作り方や樽熟成のポリシーなどで大きく味わいが変わることが楽しめます。ぜひカリラと飲み比べで飲んでみていただきたい蒸留所です。

さて、フェノール値の話ですが、私はアイラの入門では、カリラかラガヴーリンの味を覚えることを勧めています。
というのは、「ちょうどアイラの真ん中」くらいの数値なのです。

下記にアイラの蒸留所のフェノール値を記載しておきます。(幅のある数値を多少まとめています。)

0ppm ブルックラディ、ブナハーブン
20ppm キルホーマン100%アイラシリーズ
25ppm ボウモア
35ppm カリラ、ラガヴーリン
40ppm ポートシャーロット
45ppm ラフロイグ
50ppm キルホーマン(100%アイラ以外)
60ppm アードベッグ
80ppm以上 オクトモア

他のアイラと飲み比べるときに、カリラとラガヴーリンを基準に考えるとちょうどいいと思います。

緊急事態宣言明け、「久しぶりにアイラを飲み直そうか」という気持ちのときに、ぜひラガヴーリンかカリラから入りましょう。
新しい発見があるかもしれません。

 

Wataru Kobayashi  小林渉
Vision Whisky bar  吉祥寺
0422-20-2023
Google Map  武蔵野市吉祥寺本町1-11-8 耶馬ビルB1
Facebook
Instagram

Related articles

Back to Top