ラフロイグ10年のハイボールはもったいない? / 代々木上原 Canned Crab Bar

ラフロイグ

 

Laphroaig 10y
ラフロイグ 10年

スコットランドのアイラ島で作られるシングルモルトウイスキー、ラフロイグのご紹介です。
1994年にシングルモルト史上初の英国王室ご用達となったことでも知られるこちらのウィスキー。
伝統的なフロアモルティングの技術を使い作られ、なんといっても特徴はその正露丸のようなピート香。
「臭い」と敬遠される方もいらっしゃいますが、その味わいは非常に奥が深く、ピートの奥にある磯の香り、しょっぱくオイリーな味わいの奥にあるフルーティさははまれば病みつきになります。
「好き嫌いが激しく分かれるウィスキー」というような言われ方をされるのも納得ですね。

そんなラフロイグのおすすめの飲み方はというと、ストレートやロック。ハイボールにするのはもったいない?と言われる方も多いですが実はハイボールもおすすめ。
ソーダで割ることで飲みやすくさわやかに。ですがピート香はしっかり漂うので、普段と違うハイボールをお探しの方にぴったりです。

 

Ryo Ueda  植田涼

Canned Crab Bar  Bar & Wagon 代々木上原
03-3466-2640
Google Map  渋谷区西原3-21-1 1F2号
Facebook
Instagram

Related articles

Back to Top