Sabato DiVino! 2010.9.11

今夜もやって参りました。

土曜はイタリアワインを飲みましょうの日。

通称、

Sabato DiVino!

ワインは奥深いので、こういう機会に学ぶのもまた乙です。

毎週やっていると、さすがに色々覚えますね。

では今夜も、残暑を吹っ飛ばせ!イタリアの地品種ワイン紹介でございます。

guild bar olim 宇田川

チェク・ロエロアルネイス

ロエロ地区を代表する作り手モンキエロ=カルボーネが、

ロエロ地区の土着品種アルネイスを用いて産み出した、驚くほど上質な白ワイン。
アルネイス発祥の地とされる「レネージオ」と、代々引き継がれてきた「タノーネ」という2つの畑から、
最良のアルネイスが収穫されます。非常に凝縮された葡萄から果実味があり、

華やかな香りの白ワインが造られます。
現オーナーのフランチェスコが亡き祖父に捧げたスペシャルなワインです。

アルネイス100%、ステンレスで醗酵。


※このアルネイスを飲んだら、他のアルネイスは飲めなくなるかも?

まだまだ品種自体のポテンシャルはそれほど高くなく、

このレベルのアルネイスを作り出すのは至難の業。流石モンキエロです。

★輸入元アルトリヴェッロ
コメント

シロサワ自身もフランチェスコに会った事がありますが、

ワインの味も、作り手の人柄に左右されるんだろうなと学びました。

フランチェスコ氏が、ものすごい良い人だったからです。

遠くイタリアの地でワインを創る職人たち。

そのワインを日本へ持ってきたアルトリヴェッロ。

そして、最後にお客様にワインを届けるbartender。

繋がる。広がる。深くなる。。。

それでは今夜もイタリアからの贈り物をご用意して、

渋谷区宇田川町にてお待ちしております。

※本日、宇田川 vintage club 1982 開催に伴い、非常に混雑が予想されます。

ご来店の際は予めご了承くださいませ。

Related articles

Back to Top