燻製を効かせた松阪ポークのベーコンと火山性土壌のワイン / Fairground

松坂ポークの燻製

Fairground 下北沢の漆山です。

食事もできる下北沢フェアグランド・ワインバー。
本日ご紹介するのは松阪ポークのベーコンのソテー。
松阪といえば三重県の松阪牛が有名ですが、同じく「松阪」を冠するのはこの地域の気候、風土、ミネラルを多く含む地下水で育っているためです。
肉質は肉の持つ独自のうま味と脂肪の甘さとまろやかな脂質が特徴です。

 

松阪ポークのベーコンのソテー

今回の松阪ポークはベーコンにしたものを数分燻製して仕上げ、それをソテーしました。
『ソテー』とは、平たいフライパンに少量の油脂分を用いてゆすりながら強火で蓋をせずに野菜、魚、肉などを炒めること。

 

燻製香がわずかに香る松阪ポークのソテーに合わせるワインは

 

Sal Vulcano Ttona Rosso D.O.C. 2016

おおすすめするのはイタリア最南端に位置して、地中海に浮かぶシチリア州の北東部に位置するエトナ・ロッソD.O.C.です。
この近辺にあるエトナ山は今でも活発な活動を続ける火山です。
この地域は火山性土壌として造られるワインもどことなくスモーキーな香りが漂っているように思われます。

使われているブドウ品種はネレッロ・マスカレーゼ種 (Nerello Mascalese) で、炎と情熱の永遠の地、エトナ火山に生育する土着品種です。

 

Kazukuni Urushiyama  漆山和邦
Faiground Wine bar & Gallery  下北沢
03-3464-4641
Google Map  世田谷区北沢2-3-12 友和ビルB1

Related articles

Back to Top