タリスカー 10年 特徴 / 国分寺 LIBRE

タリスカー10年

 

Talisker
タリスカー

1927年に創業者であるマカスキル兄弟がスカイ島に移住し羊を運ぶ仕事をしていたそうです。
その後この地域で生産される大麦の価値をより大きくするために当時スコットランドで盛んだったウイスキー作りをこのスカイ島でも作ろうと決意。
移住から3年後の1930年、タリスカー蒸留所が誕生しました。

タリスカーの名前の由来は兄弟が蒸留所の建設中に滞在していたタリスカー・ハウスにちなんでつけられたそうです。
滞在中の家が蒸留所の名前になるなんて建設中に住んでいたというだけではない別の思い入れがあるのかもしれません。

ミストアイランドという厳しい自然環境で育ったタリスカーの最大の特徴はなんと言っても潮風を強く感じさせる味わい。
アイラ島以外ではなかなか表現出来ないのではないのかと個人的に思います。
香りはアイラらしいスモーキーそから微かにフルーティさも香ります。

100年以上の歴史を誇るタリスカー。
ストレート、ソーダ割はもちろんカクテルのベースとしても使用していますのでお気軽にお申し付けくださいませ。

 

Tomoki Sakurai  櫻井大貴

LIBRE  Whisky & Cocktail  国分寺
042-324-6606
Google Map  国分寺市南町3-18-4 3F
Facebook
Instagram

Related articles

Back to Top