タンカレー ナンバーテン 違い / 中野 Navel

タンカレーナンバーテン

 

Tanqueray No.Ten
タンカレー ナンバーテン

イギリスに本拠地を置くジンブランド、タンカレー・ゴードン社。
タンカレーという名は元々、1830年にブルームスベリーの地に蒸留所を創設した、チャールズ・タンカレー氏のファーストネームから名づけられています。
「今までにない高品質のジンを創る」という信念を元に、彼が20歳の頃に造り上げたのがプレミアムジン「タンカレー ロンドン ドライジン」だったとされています。

特徴とも言える4回蒸留から生まれるクリアで洗練された味わいから、「ジンのロールスロイス」と称され、昨今に至るまで高い評価を得続けています。

こちらはプレミアムラインのナンバーテン。
タンカレーの伝統的な製法を再現すべく、同社の現存している蒸留器では最も古い、小型単式蒸留器、「タイニーテン」を使用。
こちらはボトルの名前の由来にもなっています。
小型のため大量生産には向いておらず、生産効率は高くはありませんが、この蒸留器でしか造れない味わいがある、という考えからこの蒸留器を使用し続けているそうです。

厳選されたボタニカルからくるフレッシュな柑橘とシトラス。
タンカレーらしい4回蒸留のクリアな味わいに更に磨きがかかった印象です。

 

Yoh Aoki   青木陽

Navel  Burger & Bar 中野
03-5340-5808
Google Map  中野区中野2-30-8 立川ビル B1
Facebook
Instagram

 

 

 

Related articles

Back to Top