ぞうさんぞうさんという名のコーヒー / 国分寺 LIBRE

テンボテンボ

 

Tembo Tembo
テンボ・テンボ ステート農園

最近色々な国とタイプのコーヒー豆を試しているのですが、今回はタンザニア産ハニー製法のお豆です。

ハニー製法とは、完熟のコーヒー果実を収穫した後、果肉を除去し、コーヒーの豆の周りに付いた粘液質を残した状態でゆっくりと乾燥させる製法です。
そうする事で完熟した実に付いている粘液質の甘味が豆に移り、通常の水洗式では得られにくいハチミツを思わせる独特の香りやボディを持つ複雑な香味のコーヒー豆に仕上がるそうなんです。

農園名である「テンボ(Tembo)」とは 、 タンザニアの第一言語であるスワヒリ語でゾウ という意味です 。
農園の歴史は約100年。当時ドイツ移民がこの土地に初めてコーヒーの樹を植えたのが始まり。
現在この農園を管理しているのはスイス人のご夫婦で、2009年に農園のリノベーションから始め、新しい栽培技術を取り入れ 、コーヒーの品質を向上させることができたのだそう。

この豆の特徴はしっかりローストしても損なわれないそうですが、あえて浅煎りでご用意しました。

 

Masahisa Fujita  藤田雅久

LIBRE  Whisky & Cocktail  国分寺
042-324-6606
Google Map  国分寺市南町3-18-4 3F
Facebook
Instagram

Related articles

Back to Top