the collection of OLIM vol.10

ボウモア ザ・ブラックパフューム 1987 22yo

~BOWMORE “THE BLACK PERFUME” 1987 22yo 58.7% SHERRY BUTT~

guild bar olim 宇田川

2006年にリリースして大変な反響だった、ボウモアの「ザ・パフューム」の第二弾。
第一弾の時と同様、はじめてサンプルをテイスティングした際の衝撃はかなりのもの。
その香りはまさに1980年代ボウモアの王道を行くストレートな香水(パフューム)。
俗にボウモアの1980年代はあまり良質な樽が無く、香水のような香りがするものが多いといわれる。
この「ザ・ブラックパフューム」もそんな1980年代の典型的なボウモアだが、それに加えて、シェリーバット(おそらくファーストフィル)での熟成により、
かなり黒い色をしている。前回の第一弾は高品質のパフュームタイプのボウモアの典型例としてリリースしたが、
今回の第二弾は高品質のシェリー樽熟成パフュームの典型例を、お客様にご紹介したいとの思いからリリースを決定。
もちろん全体的にパフュームが支配しているが、その中にシェリー樽の特徴がミックスされて、うまく仕上がっている。
パッケージは第一弾に続き、パフュームを表現するべく、アーティスティックかつサイケデリックなラベルを採用。
ブラックパフュームということも有り、黒を基調とした派手なラベルで、パフューム(香水)を付ける大人の女性をイメージしてる。
他のモルトと同じ大麦と水を原料に、同じ製法で作られるウイスキーがどうしてこんな特異な個性を生み出すのか、
そんなウイスキーの神秘に思いをはせながら飲んでみて頂きたい。

香りはダークシェリー、香水、奥からスモーク。味は香水、メープルとタンニン。フィニッシュはパンチが長く続き、ドライで酸味とクローブのような苦味。

※輸入元(スリーリバーズ)コメントより抜粋

Related articles

Back to Top